憲法・平和

2017年9月14日 (木)

名古屋市内の戦争遺跡 市教委は103件把握

 Photo市議会本会議では藤井博樹議員が、戦争遺跡の継承について質問しました。右の写真は、名古屋市役所本庁舎の時計塔の外壁。黒ずんでいる部分は、太平洋戦争中、空襲から逃れるために塗られたコールタールの跡です。その下の写真(名古屋市提供)は、1949年に撮影された迷彩が施されたままの市庁舎です。カムフラージュのための迷彩が施された市庁舎の外壁は、1952年に洗い落とされたそうですが、戦後72年経った今なお、その痕跡が残されています。

 

 下の左の写真は、東区にある円明寺の「石の鐘」。太平洋戦争中の金属回収令によって円明寺の銅製の鐘は1942年に供出され、代わりに石の鐘を吊り下げたそうです。戦後、銅の鐘の再建を望む声がありましたが、戦争の記憶を後世に残すため、平和を見守り続けるため、現在も吊るし続けているといいます。全国でも珍しい鐘です。Photo_3

 

 藤井議員はこうした戦争遺跡を紹介して質問。市教育委員会は昨年3月、ガイドブック「学芸員と歩く 愛知・名古屋の戦争遺跡」を発行しています。杉崎教育長は「このガイドブックの作成にあたっては、文献調査とともに、実際に現地におもむき戦争遺跡を把握した。比較的容易に見学できる103件を掲載している」と答弁しました。

 

 この103件の中に、「相生山緑地の爆弾穴」も含まれています。私がこの爆弾穴の存在を知ったのは6年ほど前です。当時は、案内看板などありませんでしたが、その後、相生山緑地で森づくりなどのボランティア活動に取り組んでいる「相生山緑地オアシスの森くらぶ」が、爆弾穴の一つについて案内看板を設置(下の右の写真)。周辺の枯木や灌木を整理するなど見学しやすいように整備しています。

Photo_4Dsc_0790





2017年6月28日 (水)

被爆した県民の証言 戦争資料館で放映へ

 6月26日の市議会本会議で、日本共産党の山口清明議員が「核兵器禁止条約」を踏まえた名古屋市の取り組みについて質問しました。山口議員は、「被爆パネル展や被爆者の証言を聴く会など、被爆体験の継承を柱に核兵器廃絶に向けた取り組みを進めましょう」と提案。これにたいして総務局長は「『愛知・名古屋 戦争に関する資料館』で、愛知県民による当時の広島・長崎での被爆体験談を放映することを予定している」と答弁しました。さらに、「今年の夏までに始めるべきだ」と求めた山口議員に、総務局長は「夏頃を目途に放映できるよう調整を進める。放映にあたっては被爆者の方々にもお知らせしたい」と答弁しました。

 

山口議員は河村たかし市長にたいして、今年の平和首長会議の総会に市長自ら出席することやヒバクシャ国際署名にサインすることなどを求めましたが、市長は「(国に先んじて)空襲被害者への補償を始めた精神でやっていきたい」と答えるにとどまりました。

2017年6月 4日 (日)

核兵器のない世界へ――平和行進天白コース

 Photo今日は名古屋市内の各地で平和行進が行われました。私は天白コースに参加し、出発集会であいさつしました。この後、東海公団自治協の総会に団地自治会長として出席しなければならなかったので、ほんの少しでしたが、青空の下、みなさんといっしょに歩きました。 

 今月15日から国連で開かれる核兵器禁止条約の締結に向けた第2期の会議では、核兵器禁止条約の草案が審議され、採択される予定です。核兵器廃絶に向けて世界は新しい段階に入っています。この動きを妨害している核保有国やその「核の傘」に依存する国々を市民社会の反核平和運動によって包囲しましょう。とりわけ、核兵器廃絶の国連会議をボイコットするという被爆国にあるまじき態度をとっている日本の安倍政権を追いつめ、退場させましょう。

2017年3月11日 (土)

「ヒバクシャ国際署名」の賛同明言しなかった河村市長――代表質問⑤

 代表質問では、河村市長に「ヒバクシャ国際署名」への賛同を求めました。名古屋市も、指定都市では最後になりましたが、加盟した平和首長会議は、昨年11月に開いた第6回国内加盟都市会議総会で、「ヒバクシャ国際署名」に賛同・協力することを表明しました。愛知県内では16の自治体首長が「ヒバクシャ署名」に署名されています(2月12日現在)。

 

私は、「平和首長会議の加盟都市の市長として、核兵器を禁止し廃絶する条約を結ぶことをすべての国に求めるという『ヒバクシャ国際署名』の趣旨に賛同されるのか」と質問。河村市長は「昨今のミサイル実験もあって、とんでもない話だ。たいへん許しがたい。唯一の被爆国として強く主張したい」と答弁し、署名についての明言を避けました。私は、「北朝鮮のミサイル発射については、日本共産党も強く非難し、抗議した。北朝鮮の核・ミサイル開発への対応という点からも、国連で始まる核兵器禁止条約に関する国際会議の成功が重要となっている」と述べたうえで、「河村市長には、リコール署名にばかり気を取られていないで、核兵器廃絶という人類的課題の帰趨を決める署名にこそ、賛意を表していただきたい」と求めておきました。

2015年8月30日 (日)

戦争法案廃案と安倍政権退陣を!国会12万人、天白区380人余

20150830植田公園で開かれた「やめて!戦争法 天白の会」集会に380人余が参加し、平針駅までパレードしました。集会では20代の青年から軍隊体験のある数え90歳の方まで、戦争法案に反対する思いをスピーチ。30代の女性は、「自公は数の多数で押し通そうとしていますが、数では私たち国民が多数です。私たちの力で廃案にしましょう」と訴えました。

国会周辺には12万人もの人が集まったといいます。国民の運動が安倍政権を包囲し、追いつめています。9月12日にも午後5時から植田公園で集会が開かれます。

2015年7月10日 (金)

「愛知・名古屋 戦争に関する資料館」が開館

20150710本日、「愛知・名古屋 戦争に関する資料館」の開館式典が行われました。私も臨席するとともに、展示室を内覧してきました。明日から一般公開されます。 

 戦争資料館の開館までは長い道のりでした。「戦争メモリアルセンター(仮称)」の建設を求める県民・市民のみなさんの請願が、愛知県議会で全会一致で採択されたのは、戦後50年を前にした1994年。翌年、名古屋市議会でも全会一致で採択されました。ところが、財政難を理由に建設計画は宙に浮いたまま。私は、戦後60年を迎えた2005年の9月議会の本会議質問で、既存施設の利活用なども含めて、早期の整備を求めました。20年余の歳月を経て、開館に至ったことを喜びたいと思います。

 

 開館した戦争資料館は、既存施設(愛知県庁大津橋分室)を利活用しています。難点は施設が手狭なこと。市民のみなさんから寄贈された6600点を超える資料のうち、200点ほどしか展示できないそうです。展示内容は、「戦争に関わる地域史」と「県民の戦争体験」という地域性を重視した展示となっています。これは大事な視点ですが、日本の戦争はどういう戦争だったのかという視点からの展示はないため、侵略戦争という戦争の本質を学び取ることは困難なように思いました。

 

 「戦後の地域史」のコーナーに、憲法が施行されたときに作成された新憲法普及用冊子「新しい憲法 明るい生活」が展示されていました。この冊子では、憲法九条について、「これは新憲法の最も大きな特色であって、これほどはっきり平和主義を明らかにした憲法は世界にもその例がない」と記しています。憲法九条を葬り去ろうとする策動が強まっているときだけに、必見の資料だと思いました。

2015年6月 7日 (日)

核兵器なくせ!戦争法案は廃案に!――平和行進天白コース

Photo 平和行進の天白コースに参加し、天白区役所から天白文化事業センターまで歩きました。出発前に平針九条の会のみなさんとパチリ(写真)。行進には約160人が参加したそうです。 

 今年の平和行進では、核兵器廃絶とともに、戦争法案反対・憲法九条守れもアピールしました。天白文化事業センターでの終結集会には、近藤昭一衆議院議員も駆けつけ、私とともにスピーチ。近藤議員は、「国会の委員会で『戦争法案だ』といったらヤジられた。法案を止めるためにがんばる」と言っていました。私も、「国会の中で野党が共同するとともに、草の根から世論と運動を広げるためにがんばる」と訴えました。

2015年5月14日 (木)

「戦争立法」の閣議決定に抗議の街宣

Photo 安倍政権が、日本を「海外で戦争する」にする「戦争立法」を閣議決定しました。こんな憲法九条破壊は許せません。今日、早朝は「相生九条の会」のみなさんと地下鉄相生山駅で、夕方は共産党天白区後援会のみなさんと植田駅前で「戦争立法ストップ!」の街頭宣伝を行いました。 

 私もマイクで訴えましたが、街宣に参加した人たちが、マイクを握って平和への思い、九条を守ろうという思いを熱く語っていました。植田駅前では「戦争立法」反対の署名への協力も訴えました。署名してくれた人が、「もっと反対運動を大きくしないといかん」と激励してくれました。「戦争か平和か」、まさに日本の命運がかかったたたかいです。

 明日は、午後4時からピアゴ平針店前で宣伝署名行動を行います。17日には、午前10時から高坂コノミヤ店前でも行います。

Photo_2

2014年10月18日 (土)

これが米軍基地下の沖縄の現実だ!――「標的の村」上映会

 ドキュメント映画「標的の村」の上映会が、天白生涯学習センターで行われています。午前から夜間まで4回の上映。実行委員会では250枚ほどのチケットを普及したとのことで、私が参加した2回目の上映会も、集会室がいっぱいでした。

 衝撃的なドキュメントだった。米軍基地に苦しむ沖縄の人たち、体を張って、それこそ命がけで日米両国家に立ち向かう沖縄の人たち。感動しました。美しいやんばるの自然とその中でたわむれる無邪気な子どもたちにも目を引き付けられました。巨大マスメディアは権力との癒着を強めているが、これほどのドキュメントを作成できる沖縄のメディアはすばらしい。 

 沖縄では県知事選挙が迫っている。辺野古への新基地建設反対を掲げるオナガ雄志前那覇市長を県政へ、連帯してがんばらなければという思いを強くしました。

2014年8月24日 (日)

天白平和と文化のつどい

 Photo
 第8回目となる「天白平和と文化のつどい」が天白文化小劇場で開かれました。出演者は、天白学童保育クラブの親たちが中心となって結成した太鼓グループ「酔いどれ太鼓」、故林学さんの作品を歌い続ける「天白わが町合唱団にんじん」、天白区在住で沖縄三線を奏でる「泡盛王国 浜ちゃん」など、天白区にゆかりのある人でした。原駅前にある「なつかし茶屋沙冨蘭」に集う若手ミュージシャンでつくる「サフランバンド」も、素敵なジャズを聞かせてくれました。
 

Photo_2そして、「バレエスタジオ ラ・フェ」でバレエを習っている年長さんから中学生までの子どもたちが、愛くるしい舞を披露してくれました。このバレエスタジオは、僕の事務所の並びにあり、バレエ衣装を着た子どもたちが通うのをいつも目にしています。 

 「平和と文化のつどい」では、原駅のギャラリーで絵画や生け花、写真などの展示も行われました。また、「平和への思い」と題した文集も発行され、区民がさまざまな形で平和について考えあう場となっています。

より以前の記事一覧

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

他のアカウント

無料ブログはココログ