« 学校・保育所の給食費の食材費高騰分を名古屋市が財政支援 | トップページ | 「義務教育は無償」の憲法ふまえて学校給食費の無償化を »

2022年6月27日 (月)

消費税減税に“ダンマリ”の河村市長

 6月24日の市議会本会議で、私は物価高騰から暮らしを守る対策について質問しました。

 すべての物価を一気に引き下げる消費税減税は、最も効果的な物価対策です。私は、「減税」を標榜している河村市長に、「消費税をただちに減税することを国に求める考えはないか」「大企業と富裕層に応分の税負担を求め、消費税を減税するのは、税制の公正という観点からも当然だと考えないか」と質問しました。河村市長は、「何べんもおんなじ質問をしてもらっても困る」とか、金持ち優遇の「市民税減税」に共産党が反対したことへの筋違いの答弁を繰り返し、消費税減税については何も語らず、“ダンマリ”でした。私は河村市長に、「『減税」の看板が泣きますよ」と言っておきました。

« 学校・保育所の給食費の食材費高騰分を名古屋市が財政支援 | トップページ | 「義務教育は無償」の憲法ふまえて学校給食費の無償化を »

市民税減税・財政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 学校・保育所の給食費の食材費高騰分を名古屋市が財政支援 | トップページ | 「義務教育は無償」の憲法ふまえて学校給食費の無償化を »

フォト
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

他のアカウント

無料ブログはココログ