« 〝鉄塔と液状化〟が「子どもいきいき学校づくり」審議会で議論に | トップページ | 二酸化炭素排出「実質ゼロ」――未表明は指定都市で名古屋市だけ »

2021年6月 4日 (金)

政務調査費のネット公開などを議長に申し入れ

 日本共産党市議団は本日、服部将也議長にたいして「市民に開かれた名古屋市議会をつくるための申し入れ」を行いました。申し入れたのは、①政務活動費のインターネット公開、③議会報告会の開催、③議員報酬についてです。

 政務活動費については、領収書などをインターネットで公開する指定都市が、2020年度分から公開する2市を含めて13市(20市中)に広がっています。名古屋市議会でも2年前にネット公開を「可及的速やかに行うこと」が、議会運営委員会で確認されています。しかし、いまだに公開されていません。私たちの申し入れにたいして服部議長は、「ネット公開を実施する上で検討しなければならない点があるが、公開に向けて議運理事会でしっかり協議していただく」と応じました。

 議会報告会については、オンラインも活用しながら定例会ごとに開催すること、議員報酬については、参考人制度や公聴会制度等を活用して、市民の納得のいく報酬額を決定することを申し入れました。こうした提案について議論するために、議会改革推進協議会の再開も求めました。

20210604

« 〝鉄塔と液状化〟が「子どもいきいき学校づくり」審議会で議論に | トップページ | 二酸化炭素排出「実質ゼロ」――未表明は指定都市で名古屋市だけ »

名古屋市議会・議会改革」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 〝鉄塔と液状化〟が「子どもいきいき学校づくり」審議会で議論に | トップページ | 二酸化炭素排出「実質ゼロ」――未表明は指定都市で名古屋市だけ »

フォト
2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

他のアカウント

無料ブログはココログ