« 河村市政のもっとも厳しい対決者として――市長選挙の結果を踏まえて | トップページ | 自衛官募集「宛名シール」提供で除外申出を受け付けます »

2021年5月18日 (火)

高齢者施設等の職員を対象に週1回のPCR検査を実施

 名古屋市は、高齢者や障害者の入所施設の職員を対象に、週1回の頻度でPCR検査を実施します。6月末までに一人最大8回まで検査ができます。検査費用は無料。本日開会した臨時市議会で検査費用を盛り込んだ補正予算が可決しました。

 日本共産党市議団は、クラスターが発生すると重症化や死亡に直結する高齢者施設での一斉・定期的なPCR検査――社会的検査の実施を求めてきました。検査の拡大に後ろ向きだった河村市政も、国からの通知に促されて、3月に高齢者施設等での社会的検査を実施しました。でも1回だけ。私は2月議会の代表質問で、「4月以降も定期的に実施するとともに、検査対象の拡大を」と求め、河村市長から「感染状況を注視し、必要に応じて検討したい」との答弁を引き出しました。

 感染拡大の「第4波」が始まっていた4月9日、共産党市議団は名古屋市にたいして検査の拡充を申し入れ。高齢者施設等での検査の頻度を「隔週から毎週」に増やすこと、医療機関や保育所なども検査対象に加えること、無症状者を対象にしたモニタリング検査を市内で1日1千件規模で実施することなどを求めました。

 「無症状の方は、気づかずに周りの人に感染させてしまう恐れがあります。周りの人に感染を拡げないためにも『人にうつす期間』に検査を受け、早期に感染防止策をとることがとても重要です。積極的に検査をしましょう!」――名古屋市が高齢者施設等の職員にあてたPCR検査の啓発チラシの一文です。河村市長が「PCR検査は感度が7割」というほど後ろ向きだった市の姿勢を、共産党の論戦と市民の運動が変えました。

« 河村市政のもっとも厳しい対決者として――市長選挙の結果を踏まえて | トップページ | 自衛官募集「宛名シール」提供で除外申出を受け付けます »

福祉・介護」カテゴリの記事

コメント

高齢者へのPCRも必要ですが、若い人へのワクチン接種も行ってください。
アストラゼネカがあまり活用されないそうですが、日本製です。
アストラゼネカで接種したい人もたくさんいます。活用されないワクチンの
活用をぜひ進めて頂きたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 河村市政のもっとも厳しい対決者として――市長選挙の結果を踏まえて | トップページ | 自衛官募集「宛名シール」提供で除外申出を受け付けます »

フォト
2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

他のアカウント

無料ブログはココログ