« 補聴器購入の助成を求める請願署名を市会議長に提出 | トップページ | 「金はある」(河村市長)のなら、敬老パスの回数制限の必要なし »

2020年3月 4日 (水)

新型コロナ 国保の資格証明書世帯への短期保険証の発行を検討

 本日の市議会で、私は代表質問に立ちました。その中では、新型コロナウイルス感染症に関して、国民健康保険の資格証明書の取り扱いについて質問しました。

 国民健康保険料を支払えず資格証明書を交付された人は、医療機関にかかれば医療費の全額を自己負担しなければなりません。新型コロナウイルス感染が広がりつつある中、こうした人たちが受診を控えれば、重症化が懸念されるだけでなく、周辺に感染拡大の恐れがあります。厚生労働省は2月28日、資格証明書を交付された世帯が帰国者・接触者外来を受診した場合、資格証明書を保険証とみなすよう通知を出しました。

 私は、「新型コロナウイルス感染症以外の疾病についても受診が抑制されることのないよう、資格証明書交付世帯にたいして短期保険証を発行して届けるべきではないか」と質問。海野健康福祉局長は、「過去の新型インフルエンザの流行の際の他都市の対応、及び新型コロナウイルスの現在の状況を踏まえ検討したい」と答弁しました。私は、「いまは新型コロナウイルスの感染拡大から、市民の健康と命を守るために緊急の対応が求められる時です。受診が抑制されることのないよう、速やかに実施してほしい」と求めました。

06233133

 

« 補聴器購入の助成を求める請願署名を市会議長に提出 | トップページ | 「金はある」(河村市長)のなら、敬老パスの回数制限の必要なし »

福祉・介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 補聴器購入の助成を求める請願署名を市会議長に提出 | トップページ | 「金はある」(河村市長)のなら、敬老パスの回数制限の必要なし »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

他のアカウント

無料ブログはココログ