« 敬老パス JR・私鉄への利用拡大は大歓迎。利用上限回数は問題 | トップページ | 被爆者行脚――河村市長は「ヒバクシャ署名」に賛同を »

2019年10月22日 (火)

名古屋城木造天守「実物大階段模型」館に9000万円

 名古屋城の正門前に、木造天守閣の「実物大階段模型」を展示する階段体験館(「ステップなごや」)がオープンします。バリアフリーの実証実験を行うためのものですが、土・日曜日・祝日には一般の方も入館できます。この施設を造るために約9000万円かけたそうです。オープンに先駆けて市会議員に公開されましたので、私も見学しました。1層から2層にかけての表階段を再現したもので、現代の階段よりも一段あたりのステップが高いのがわかりました。

 

 天守閣木造復元をめぐっては、解体も復元も見通しが立たなくなっています。河村市長は「2022年復元完成」という期限を撤回しました。完成する見通しもないのに木造化の既成事実を積み重ねるというのは問題です。

 

« 敬老パス JR・私鉄への利用拡大は大歓迎。利用上限回数は問題 | トップページ | 被爆者行脚――河村市長は「ヒバクシャ署名」に賛同を »

経済・市民・文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 敬老パス JR・私鉄への利用拡大は大歓迎。利用上限回数は問題 | トップページ | 被爆者行脚――河村市長は「ヒバクシャ署名」に賛同を »

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ