« 「表現の不自由展・その後」の中止を求めた河村市長と論戦 | トップページ | 市営住宅 模様替の原状回復義務の免除が拡大 »

2019年9月19日 (木)

保育園の副食費への助成を

 9月13日に市議会本会議質問で私は、保育園の副食費への助成についても質問しました。10月から実施される幼児教育・保育の無償化によって、3歳児から5歳児までのすべての子どもの保育料が無償になります。しかし、これまでは保育料に含まれていた副食費が、保育料から分離され、主食費と合わせて保育所ごとに実費徴収され、保護者の負担になります。副食費には、おかずや牛乳代の他におやつ代も含まれており、公立園の副食費は月額4500円に設定されました。

 保育園における給食は「保育の一環」であることから、〝保育の無償化〟というのなら保護者に負担を求めるのではなく、公費負担を原則にすべきです。全国では少なくとも100を超える自治体で、副食費も無償になります。愛知県下では愛西市が一部を独自に助成する方針です。私は、「保護者の負担を軽減しつつ、給食の質を確保するために、副食費にたいして一定の助成をすべきだ」と要求。市子ども青少年局長は、「国の制度設計を踏まえ、慎重に検討を要する課題だ」と答弁しました。

 国が決めた通りにやるという姿勢ではなくて、児童福祉や食育の推進に市が積極的に取り組んでいくという姿勢に立って、市費による助成について前向きに検討するよう求めておきました。

« 「表現の不自由展・その後」の中止を求めた河村市長と論戦 | トップページ | 市営住宅 模様替の原状回復義務の免除が拡大 »

経済・市民・文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「表現の不自由展・その後」の中止を求めた河村市長と論戦 | トップページ | 市営住宅 模様替の原状回復義務の免除が拡大 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

他のアカウント

無料ブログはココログ