« 木材保管庫に3億円余――天守閣「まず解体」「まず木材調達」は乱暴 | トップページ | 議員報酬800万円――議会基本条例にもとづく根拠は? »

2019年6月20日 (木)

小学校給食の無償化もとめる請願が提出されました

 「名古屋市の小学校給食費の無償化を」――新日本婦人の会天白支部のみなさんが請願署名を集めて、本日、市議会に提出されました。私も紹介議員になりました。実現めざして、市民のみなさんと力を合わせてがんばります。

 憲法は、「義務教育は無償」と定めています(第26条)。しかし、給食費や制服、副教材などさまざまな負担があります。政府は、1951年の国会で共産党議員の質問にこたえて、「学校給食はできるだけ早く無償にしたい」と答弁しています。でも、70年たっても実現していません。日本共産党は参議院選挙政策で「学校給食の無償化をはじめ、義務教育で残されている教育費負担をなくす」と公約しています。小学校給食が名古屋で無料になれば、保護者の負担が年間4万1800円軽減されます。

 国会では昨年12月、日本共産党の吉良よし子参議院議員が、食材費の高騰で給食が貧困になっているとして、「せめて高騰分について助成していくこともできるはず」と指摘。これは、無償化に向けた第一歩だと思います。

Photo_20190620155101

« 木材保管庫に3億円余――天守閣「まず解体」「まず木材調達」は乱暴 | トップページ | 議員報酬800万円――議会基本条例にもとづく根拠は? »

教育・子育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 木材保管庫に3億円余――天守閣「まず解体」「まず木材調達」は乱暴 | トップページ | 議員報酬800万円――議会基本条例にもとづく根拠は? »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

他のアカウント

無料ブログはココログ