« 議員報酬800万円――議会基本条例にもとづく根拠は? | トップページ | 「国の制度として就学前までの医療費無料化の早期実施」の意見書採択へ »

2019年6月24日 (月)

引継ぎ法人の保育士不足で民間移管が中止に

 来年4月から民間移管される予定だった名古屋市立大永寺保育園(守山区)で、移管先の社会福祉法人の引継ぎ保育士が次々と退職する事態が発生。日本共産党市議団は6月24日、名古屋市に大永寺保育園の民間移管の中止を申し入れました。市は同日、法人にたいして来年4月からの移管の中止を通知したことを明らかにしました。

 民間移管にあたっては、その前年度に公立保育士と移管先の保育士との「引継ぎ共同保育」が実施されます。引継ぎ保育士は原則5人とされていますが、大永寺保育園では1名欠員のままスタートし、5月末には園長予定者が退職。6月にはさらに引継ぎ保育士1名が退職の意向を表明しました。6月8日の保護者説明会では、「異常な事態」「移管を白紙にしてほしい」との声が上がったそうです。

 保育士不足により保育所運営への困難が広がっているもとで、公立園の廃止・民営化を強引に進めてきたことが問題だと思います。

Photo_20190624175201

 

« 議員報酬800万円――議会基本条例にもとづく根拠は? | トップページ | 「国の制度として就学前までの医療費無料化の早期実施」の意見書採択へ »

教育・子育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 議員報酬800万円――議会基本条例にもとづく根拠は? | トップページ | 「国の制度として就学前までの医療費無料化の早期実施」の意見書採択へ »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

他のアカウント

無料ブログはココログ