« 介護認定業務の民間委託で認定決定が大幅遅延――市に改善を申し入れ | トップページ | 小学校の新たな統廃合計画 市教委が策定中 »

2018年7月 4日 (水)

文化庁が許可する見通しのない天守木造化のための木材契約に反対する

 本日の市議会で、名古屋城天守閣の木造復元のために、木材の調達などを竹中工務店と契約する議案が、日本共産党と自民党の2議員以外の賛成多数で可決されました。西山あさみ議員が反対討論に立ち、「文化庁が現天守閣の解体・木造化を許可する見通しがない中で、木材調達を先行させるという強引なやり方は、市民にさらなる負担をもたらす恐れがある」と批判。「2022年完成のスケジュールありきの木造化計画は、いったん立ち止まり、市民の声を聞くべきだ」と求めました。

 

有識者による「石垣部会」は、「江戸時代から残る価値ある石垣を、復元で傷める恐れがある」と警告し、文化庁の復元検討委員会も「天守解体および木造天守建築時における、天守台石垣に対する影響を考える必要がある」と名古屋市に意見しています。石垣調査について市は、目視による調査で十分としていますが、石垣の専門家は、穴倉の石垣根石・背面調査も必要だと指摘しています。これらの指摘にたいして市は、「理解してもらえるよう努力する」と繰り返すだけで、文化庁の現状変更許可が得られる保証はありません。

 

見通しのない中で木材契約をすれば、さらなる市民負担に繋がります。いま、契約をしなかった場合には損害賠償請求はありませんが、急いで契約し、許可が得られず計画が延びれば、木材の保管料に毎年1億円かかると市は答弁しています。竹中工務店との基本協定では、業者自らの努力のみで難しい場合には、費用負担についても市側と協議することが明記されており、事業費の高騰に繋がる恐れがあります。

« 介護認定業務の民間委託で認定決定が大幅遅延――市に改善を申し入れ | トップページ | 小学校の新たな統廃合計画 市教委が策定中 »

経済・市民・文化」カテゴリの記事

コメント

もうちょっと建設的になってほしい。
そりゃ時間はかかるし無理に完成は早める必要はない。
でも、やれ「保証はない」だの「反対する」だの、足引っ張ってるだけじゃん。
名古屋に対して愛がいるならもっとも盛り上げてほしいな。
まあ市に対する愛や情熱がないのなら、何も申し上げることはございません

私は名古屋市制の方が街への愛着が薄いように思えます。
自然や商店街を叩き潰しての道路建設しまくってますよね。
河村たかし市長は相生山道路の建設を凍結させたのは良いけど、公園の土地の切り売りだとか、本当に街への愛着があるのか疑問に思ってしまいます。
久屋大通公園までも削りまくって、その地下をほとんど駐車場にしてしまってるのを見ても、ここまでやるか?と言う風に思います。
いつまでも「お城」「お城」でも無いでしょうにね。
破壊されてしまってる名古屋の街を何とか復活させてもらえないものでしょうかね?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/66900125

この記事へのトラックバック一覧です: 文化庁が許可する見通しのない天守木造化のための木材契約に反対する:

« 介護認定業務の民間委託で認定決定が大幅遅延――市に改善を申し入れ | トップページ | 小学校の新たな統廃合計画 市教委が策定中 »

フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

他のアカウント

無料ブログはココログ