« リニア開業に向けての「名古屋駅周辺交通基盤整備方針」案 | トップページ | 市立若宮商業の閉校に道理なし »

2017年8月 9日 (水)

公明市議が破防法持ち出し共産党中傷

1708138月4日の名古屋市議会総務環境委員会で、「やめて!戦争法 天白の会」などが提出した「共謀罪」法廃止の意見書提出を求める請願審査の際に、公明党議員が、日本共産党を“暴力革命をめざす党”だと誹謗中傷する安倍政権の答弁書を持ち出してデマ攻撃を行いました。

 

日本共産党は綱領で、「『国民が主人公』を一貫した信条として活動してきた政党として、国会の多数の支持を得て民主連合政府をつくるために奮闘する」と明記。選挙を通じて国民の支持を得ながら、政治を変えていく政党です。「愛知民報」に掲載された江上博之市議団幹事長の反論を紹介します(右)。

« リニア開業に向けての「名古屋駅周辺交通基盤整備方針」案 | トップページ | 市立若宮商業の閉校に道理なし »

名古屋市議会・議会改革」カテゴリの記事

コメント

けしからん話ですが、拡散するなら議会での論戦の模様が知りたいですね。江上さんの談話だけでは、破防法や大須事件の話を初めて聞く人には理解が及ばないのでは?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/65642554

この記事へのトラックバック一覧です: 公明市議が破防法持ち出し共産党中傷:

« リニア開業に向けての「名古屋駅周辺交通基盤整備方針」案 | トップページ | 市立若宮商業の閉校に道理なし »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

他のアカウント

無料ブログはココログ