« 「金持ち減税」やめて暮らし充実――日本共産党市議団が予算組み替え案 | トップページ | 市営高坂荘の若年世帯向けリノベーション住宅 »

2017年3月23日 (木)

天守閣の解体・木造化を市長選挙の争点に

名古屋城天守閣の木造復元に向けた基本設計などの予算案が、本日の市議会本会議で可決しました。反対したのは、日本共産党の他に2人の自民党議員。日本共産党の江上ひろゆき議員が反対討論を行いました。

 

平和と戦後復興の象徴として再建された現在の天守閣を、急いで壊して木造化することに、市民の合意はありません。昨年5月に名古屋市が行った2万人アンケートでは、「2020年7月までの木造復元」は21%。河村市長は完成期限を2022年12月に伸ばしましたが、超短工期の市長提案は〝否決〟されています。日本共産党市議団の市政アンケートでも、「まずは耐震補強を」が52%です。市当局も、委員会審議で「市民の機運醸成」を図らなければいけないことを認めるほど、市民合意はありません。

 

「税金は1円も使いません」と市長がいう収支計画も破たんしています。入場者数と収支見込みにたいして、民間調査会社からは長期の予測は不可能と指摘されています。市当局も「税金投入しないように努力する」としか言えません。収支計画や財源問題などの課題解決の方向が見えず、賛成した自民・民進・公明が、これらの問題で附帯決議をつけざるをえませんでした。

 

木造化予算案の可決は見切り発車と言わざるをえません。竹中工務店との設計契約・基本協定締結は市長選挙後ですから、天守閣の解体・木造化を市長選挙の争点にして、民意を問うべきです。

« 「金持ち減税」やめて暮らし充実――日本共産党市議団が予算組み替え案 | トップページ | 市営高坂荘の若年世帯向けリノベーション住宅 »

経済・市民・文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/65056373

この記事へのトラックバック一覧です: 天守閣の解体・木造化を市長選挙の争点に:

« 「金持ち減税」やめて暮らし充実――日本共産党市議団が予算組み替え案 | トップページ | 市営高坂荘の若年世帯向けリノベーション住宅 »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

他のアカウント

無料ブログはココログ