« 就学援助の入学準備金の入学前支給――河村市長「やるべきだと思う」 | トップページ | 味鋺保育園の民間移管 いったん中止を求めて市長に申し入れ »

2016年12月 7日 (水)

名古屋城天守閣木造復元議案 共産党は否決を求める

 「2022年7月まで」の完成をめざす名古屋城天守閣の木造復元議案は、6月、9月議会に続いて11月議会でも継続審査になりました。日本共産党は採決し、否決することを求めて討論を行いました。

 

 名古屋市は、木造復元に向けて「技術提案・交渉方式」という契約手続きを進めており、優先的に交渉する事業者として竹中工務店を選定。議案が可決されれば、竹中工務店と設計契約を結ぶことになります。ところが、12月5日の定例記者会見で河村市長は、優先交渉権者の選定について、竹中工務店と契約をすでに交わしたかのように発言し、「契約にはまだ至っていない」とする当局との間で、認識の違いが明らかになりました。認識の違いがありながら、手続きを進めてきたことは無責任であり、技術提案・交渉方式にもとづく天守閣木造化の手続きは、白紙に戻すべきです。

 

 また、委員会審査の中で、505億円とされる木造復元の事業費が上昇する可能性も示されました。

 

 9月議会の審査の中では河村市長は、「2020年7月まで」としていた完成期限を2年延長しました。これは、事業者公募の前提条件をくつがえすものであり、契約手続きの公平性・公正性を損なうものです。完成期限を延長するのであれば、議案を取り下げ、公募をやり直すのが筋です。

« 就学援助の入学準備金の入学前支給――河村市長「やるべきだと思う」 | トップページ | 味鋺保育園の民間移管 いったん中止を求めて市長に申し入れ »

経済・市民・文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/64594099

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋城天守閣木造復元議案 共産党は否決を求める:

« 就学援助の入学準備金の入学前支給――河村市長「やるべきだと思う」 | トップページ | 味鋺保育園の民間移管 いったん中止を求めて市長に申し入れ »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

他のアカウント

無料ブログはココログ