« 名古屋城本丸御殿「対面所・下御膳所」の公開記念式典 | トップページ | 2026年アジア競技大会の愛知・名古屋誘致について »

2016年6月 1日 (水)

「東京オリンピックまでの天守閣木造復元」 民意は否定!

 Photo名古屋城天守閣の整備に関する市民2万人アンケートの結果が公表されました。この中で、「2020年7月までに木造復元を行う」との回答は21.5%にすぎず、「2020年7月にとらわれず木造復元を行う」40.6%、「現天守閣の耐震改修工事を行う」26.3%が上回りました。河村市長がこだわる東京オリンピックまでの木造復元は、市民に否定されたことが、アンケート結果ではっきりしました。

 アンケートの回答率は36.5%にとどまりました。無作為抽出で選んだ市民に、アンケート用紙と一緒に詳しい解説資料や天守閣映像のDVDまで郵送するという、ご丁寧なアンケートにもかかわらず、低い回答率となったのは、天守閣整備にたいする市民の関心が、そもそも低いことを示しています。

 「東京オリンピックまでに」という時期が否定されたにもかかわらず、6月議会に「東京オリンピックまで」の木造復元推進の補正予算を提出するようなことがあれば、それは市民の民意に背くものです。まずは現天守閣の耐震改修を急いで行い、木造復元については時期にとらわれず、将来の課題として検討していけばよいのです。

« 名古屋城本丸御殿「対面所・下御膳所」の公開記念式典 | トップページ | 2026年アジア競技大会の愛知・名古屋誘致について »

コメント

母集団を有効回答者のみにするのは誤りです。
13000人の民意を無にする行為です。

母集団を有効回答者のみの7000人と見ず
全アンケート対象者2万人と見ると、

木造復元に賛意を示しているとする 6割の意見 なるものは
22.43% にしか過ぎないことがわかります。

名古屋市民の6割が木造復元に賛意を示しているという市当局の解釈は正しいものでしょうか?
22.43% 程度の市民は 聞かれれば木造復元に好意的であるというのは
実感に近いものではありませんか?

その実感に近く、正しくアンケートを解釈すれば、 6割 という数字ではなく、
22.43% という数字に信憑性があるといえるでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/63714951

この記事へのトラックバック一覧です: 「東京オリンピックまでの天守閣木造復元」 民意は否定!:

« 名古屋城本丸御殿「対面所・下御膳所」の公開記念式典 | トップページ | 2026年アジア競技大会の愛知・名古屋誘致について »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

他のアカウント

無料ブログはココログ