« 都市計画道路整備プログラムの見直しへ名古屋市が方針 | トップページ | 避難所への簡易スロープの配備――防災危機管理局長「早急に対応する」 »

2016年6月17日 (金)

すり替え答弁の河村市長――天守閣木造復元についての本会議論戦

 本日の名古屋市議会本会議では、名古屋城天守閣の木造復元について議論が交わされました。市民2万人アンケートでは、「2020年7月までに優秀提案(竹中工務店の提案)による木造復元を行う」と回答した人は21.5%。日本共産党の江上博之議員が、「2020年7月までに木造復元」という「市長提案が市民から明確に否定された事実を認めないのか」と追及しました。 

 これにたいして河村市長は、「(市民アンケートで)竹中工務店の提案を『理解できた』と回答した人に着目すると、『2020年7月までに』と回答した人がすごく高い」と答弁しました。しかし、竹中工務店の提案を「理解できた」と回答した人でも、「2020年7月までに木造復元を行う」と回答した人は32%にすぎず、「2020年7月にとらわれずに木造復元を行う」と回答した人が42.7%と上回っています。理解できた人にも、「2020年7月まで」という市長の方針は支持されなかったのです。この事実を認識できず、2020年7月までの木造復元を進める「補正予算案は民意を踏まえた提案」だと開き直る河村市長。江上議員は、「他人には民意を求め、自らは民意を無視するのか」と批判しました。 

 河村市長は、「天守閣のIS値が0.14と驚くべく低い」とにわかに言い出しています。しかし、この数値は、5年以上前に河村市長のもとで実施された耐震診断で示されています。江上議員が、「『IS値0.14』が判明しても、木造復元を唱えて、耐震対策を5年以上も行ってこなかったのは、ほかならぬ市長自身ではないか」と迫ると、自民党席などから「そうだ!」の大きな声。5年以上前の耐震診断書は「見たことは見たと思うが、数字は記憶していなかった」と答弁した河村市長。耐震診断書をしっかり見ていなかったことを反省するどころか、「危険だから、木造化を急げ」というのは余りに身勝手です。 

 「税金は使わない。入場料収入で賄う」という河村市長。計画入場者数は、完成年度の2020年度は、現在の2倍の331万人、2021年度446万人、2022年度401万人、2023年度から2069年度までの47年間は360万人が継続というものです。江上議員は、「計画入場者数に達せず、税金投入となったら責任を取るのか」と追及しました。河村市長の答弁は、「熱田神宮が670万人。初詣を引くと400万人」と、相も変わらず、熱田神宮を引き合いに出すことしかできませんでした。

« 都市計画道路整備プログラムの見直しへ名古屋市が方針 | トップページ | 避難所への簡易スロープの配備――防災危機管理局長「早急に対応する」 »

経済・市民・文化」カテゴリの記事

コメント

河村市長は江戸城天守木造復元が決まると木曽ヒノキなどの肝心の木材が不足することも早く議会での承認を求める理由にしていますが、13日の日本記者クラブでの「江戸城天守を復元する会」は木曽ヒノキをはじめとする木材については国有林を所管する林野庁から植林して育ったものが使われずに一杯余っていて、どんどん使ってほしいと言われてますと説明していました。工費についても名古屋城より大きな規模で250位億円、附帯工費が50億の計300億円の試算を大手ゼネコンから得ているようです。竹中の500億超の6掛けです。この2点だけでも市長の言い分の妥当性は崩れます。事実をしっかり調査して市長への質問をよろしくお願いいたします。

議会の名古屋城に関することで、名古屋市民として経過を見守っていますが、入場者数の見込みや費用などで押し問答が続いています。

こういう低レベルなやりとりは残念です。本来、名古屋城は国が戦争を始めたきっかけで燃えてしまったものです。ですから、本当は国の責任で木造復元をやるべきことなのですが、国が動かないので河村市長と名古屋市が動いているのが現状です。

また、竹中工務店の60ページ以上に及ぶ内容の濃密さは評価されるべきで、本来竹中工務店の技術提案書の内容について多角的に質疑応答するべきで、建設的な内容が欲しい。

技術的に問題がないかチェックしてこそ、可否がわかるものではないでしょうか?。
名古屋城は、工費や建設期間のあるなしよりも「志」のあるゼネコンにやってもらわないとどっちみち良い名古屋城は出来ないと思います。バリアフリーや防火設備についてもどんどん質問してほしいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/63792616

この記事へのトラックバック一覧です: すり替え答弁の河村市長――天守閣木造復元についての本会議論戦:

« 都市計画道路整備プログラムの見直しへ名古屋市が方針 | トップページ | 避難所への簡易スロープの配備――防災危機管理局長「早急に対応する」 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

他のアカウント

無料ブログはココログ