« 河村市長の天守閣木造復元表明――命を懸ける方向が間違っている | トップページ | すり替え答弁の河村市長――天守閣木造復元についての本会議論戦 »

2016年6月16日 (木)

都市計画道路整備プログラムの見直しへ名古屋市が方針

名古屋市は、未着手都市計画道路について、「都市計画道路整備プログラムの見直し方針」をとりまとめ、本日公表しました。2007年3月に策定された「都市計画道路整備プログラム」にもとづく進捗状況は、2007年度~2016年度の第1期に整備に着手するとした路線で、着手されたのは34%にとどまっています。 

「見直し方針」では、これまでに整備着手していない幹線街路について、自動車交通の円滑化などの整備効果の評価、関連事業等との連携などの事業性の検証を行い、その結果を踏まえて、①今後10年以内に整備着手する「整備優先路線」、②今後10年以降に着手する「その他の整備路線」、③整備しない「計画廃止候補路線」に分類。パブリットコメントを実施したうえで、今年度中に「第2次整備プログラム」を策定するとしています。 

「計画廃止候補路線」については、「早期に都市計画の変更を行うとともに、必要に応じて既存の道路空間の活用等も検討」するとされています。住民が計画廃止を求め、私も2012年11月議会で廃止を求めて質問した「八事天白渓線」と「山手植田線」については、市長が「できるだけ早期に結論を出す」と議会答弁しながら、「廃止」判断を先送りしてきたのですから、見直される「整備プログラム」では、当然、「計画廃止候補路線」に分類されるでしょう。

« 河村市長の天守閣木造復元表明――命を懸ける方向が間違っている | トップページ | すり替え答弁の河村市長――天守閣木造復元についての本会議論戦 »

住宅・まちづくり・交通」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/63786976

この記事へのトラックバック一覧です: 都市計画道路整備プログラムの見直しへ名古屋市が方針:

« 河村市長の天守閣木造復元表明――命を懸ける方向が間違っている | トップページ | すり替え答弁の河村市長――天守閣木造復元についての本会議論戦 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ