« 副市長の人事をめぐる河村市長の度量のなさ | トップページ | 名古屋城本丸御殿「対面所・下御膳所」の公開記念式典 »

2016年5月19日 (木)

保育所等を利用できていない児童は585人

今年4月1日現在の名古屋市の保育所等利用状況が公表されました。「国の定義にもとづく除外児童数を除いた」待機児童数は3年連続でゼロです。しかし、保育所等(認定こども園、地域型保育事業を含む)を利用できていない児童は、昨年より39人増加し、585人となりました。このうち、特定の保育所等の利用を希望して待機している児童が584人。こうした児童が「国の定義」では待機児童数にカウントされません。 

保育所等の利用の中には、定員20人未満の0~2歳児のみを預かる地域型保育などを利用している児童も含まれていますので、認可保育所に入れなかった児童は、585人を大きく上回っていると思います。保育所等を利用できていない児童数が一番多い区は緑区(68人)。次いで、天白区(64人)、千種区(59人)、中川区・名東区(53人)となっています。

« 副市長の人事をめぐる河村市長の度量のなさ | トップページ | 名古屋城本丸御殿「対面所・下御膳所」の公開記念式典 »

教育・子育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/63654226

この記事へのトラックバック一覧です: 保育所等を利用できていない児童は585人:

« 副市長の人事をめぐる河村市長の度量のなさ | トップページ | 名古屋城本丸御殿「対面所・下御膳所」の公開記念式典 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

他のアカウント

無料ブログはココログ