« 盛り上がらない「天守閣木造復元」報告会 | トップページ | 議会基本条例の精神に立ち返り、市民の声が届く議会に――議長選挙の所信表明 »

2016年5月14日 (土)

鉄筋コンクリートの天守閣は40年を超えて長寿命化できる

20160514本日、日本共産党市議団主催で「名古屋城天守閣 あわてるな!木造化」と銘打った集いを開きました。「東京オリンピックまでに」とあわてて進める木造復元を止めよう!という発言が参加者から相次ぎました。 

名古屋市は、現在の鉄骨鉄筋コンクリート造りの天守閣は、「耐震改修しても40年の寿命」しかないと喧伝し、「2020年7月までの木造復元」に市民世論を誘導しようとしています。しかし、「40年」というのは、コンクリートの寿命は概ね100年という通説から導いたものにすぎません。再建から84年が過ぎた鉄筋コンクリートの大阪城は、建て替える予定はありません。 

本日の集いでは、建築士の滝井幹夫さんが、名古屋市の発注による現天守閣の『耐震対策調査委託報告書』(20109月)と『耐震診断概要書』(20112月)の検討を踏まえて、「現在もコンクリートは設計上必要な圧縮強度を保っている」「特定の箇所を除くと中性化の進行は少ないだろう」「鉄筋は錆の進行が一定程度見られるが、耐久性・耐用性を著しく損なうものではない」と指摘。「劣化対策を行なえば、耐用年数は40年と限定せず、延命の可能性が大きく開けてくる」と述べられました。長寿命化はできるのです。

« 盛り上がらない「天守閣木造復元」報告会 | トップページ | 議会基本条例の精神に立ち返り、市民の声が届く議会に――議長選挙の所信表明 »

経済・市民・文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/63628020

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄筋コンクリートの天守閣は40年を超えて長寿命化できる:

« 盛り上がらない「天守閣木造復元」報告会 | トップページ | 議会基本条例の精神に立ち返り、市民の声が届く議会に――議長選挙の所信表明 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

他のアカウント

無料ブログはココログ