« 弥富相生山線の廃止に向けた進捗状況 | トップページ | 鉄筋コンクリートの天守閣は40年を超えて長寿命化できる »

2016年5月13日 (金)

盛り上がらない「天守閣木造復元」報告会

名古屋城天守閣木造復元の「市民向け報告会」が市内5会場で開かれています。今夜、緑文化小劇場で開かれた報告会に参加しましたが、会場は半分も埋まらず、市民の盛り上がりのなさを感じました。「2万人市民アンケートが届いた人は手を挙げて」と言って、河村市長が数えたら11人。アンケートの対象者には報告会の案内を同封しているのに、ほとんど参加していません。ここにも市民の関心のなさが表れています。 

参加者からは「オリンピックを期限とせず、10年ぐらいかけて」「税金は使わないというが、400数十万人、360万人という入場者になるのか」などの疑問が出されました。「400年後の人たちのことよりも、現在の暮らしが大変な人たちのために力を尽くしてほしい。夢は夢のままで、現実のものになってほしくない」という意見には拍手が起こりました。発言した6人のうち、オリンピックまでの木造復元にはっきりと賛意を示したのは1人だけでした。 

河村市長は総括コメントで、「江戸城が先に再建したら木材がなくなる」「USJは1350万人だから、名古屋城に400万人来る」などと、相変わらず市民を惑わすようなことを言っていました。こんな話はしらけさせるだけです。

« 弥富相生山線の廃止に向けた進捗状況 | トップページ | 鉄筋コンクリートの天守閣は40年を超えて長寿命化できる »

市民税減税・財政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/63623740

この記事へのトラックバック一覧です: 盛り上がらない「天守閣木造復元」報告会:

« 弥富相生山線の廃止に向けた進捗状況 | トップページ | 鉄筋コンクリートの天守閣は40年を超えて長寿命化できる »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

他のアカウント

無料ブログはココログ