« 急ぐと建設費が増大――レゴランドなどのための市営巨大駐車場 | トップページ | 天守閣木造復元問題の勉強会 »

2015年12月 8日 (火)

天守閣木造復元で「稼げる街にする」?

「税金は、名古屋城天守閣の木造復元よりも福祉・暮らしに回せ」――これが多くの市民の思いです。これにたいして河村市長は、「福祉を充実させるためにも、木造復元して、稼げる街にするんだ」と、熱田区で開かれたタウンミーティングでも反論していました。それでは木造復元によって、いったいいくら稼げると考えているのでしょうか。木造復元による経済波及効果は、名古屋市の試算では約100億円です。しかし、この試算の根拠がいいかげんだということが、11月議会での日本共産党議員の質問で明らかになりました。 

この試算は、名古屋城の入場者数が、現在の年間165万人から165万人増えて330万人に倍増することが前提です。それでは、入場者数が倍増する根拠はどこにあるのか。8年前に市が実施した本丸御殿に関するアンケート結果から、類推に類推を重ねたもので、根拠は薄弱です。

 

しかも、ここで矛盾が出てきます。本丸御殿着工前は110万人だった入場者数が、完成後に実際に倍増すると、220万人になります。そうすると、そこから165万人増えなければ、天守閣復元による約100億円の経済波及効果は生じないことになります。220万人に165万人を足して385万人ですから、165万人の倍増では足りない。「入場者数が2.3倍に増えるのか」と追及された市民経済局長は、答弁不能に陥りました。 

 市の試算がいいかげんだということが明らかになったので、タウンミーティングで市側は、「熊本城は本丸御殿の復元で2.8倍、姫路城は大天守の保存修理で1.7倍に入場者数が増えた」という資料を持ち出しています。しかし、熊本城は、本丸御殿復元が竣工した2008年度に222万人になりましたが、その後は160万人前後に減少しています。今一番人気の姫路城でも、今年度の入場者数は200万人程度と予想されています。入場者数が三百数十万人というのは、余りに過大な見込みだといわざるをえません。

 

だいたい経済波及効果をいうのなら、敬老パスは316億円です。敬老パスの3分の1にすぎない経済波及効果で、「稼げる街にする」とはよく言えたものです。

« 急ぐと建設費が増大――レゴランドなどのための市営巨大駐車場 | トップページ | 天守閣木造復元問題の勉強会 »

経済・市民・文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/62831701

この記事へのトラックバック一覧です: 天守閣木造復元で「稼げる街にする」?:

« 急ぐと建設費が増大――レゴランドなどのための市営巨大駐車場 | トップページ | 天守閣木造復元問題の勉強会 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

他のアカウント

無料ブログはココログ