« 天守閣木造復元で「稼げる街にする」? | トップページ | 年末年始のホームレス援護対策について申し入れ »

2015年12月10日 (木)

天守閣木造復元問題の勉強会

 昨日、名古屋城天守閣木造復元問題の勉強会が開かれました。私が、市議会での論戦を踏まえて、木造復元の財源問題を中心に報告。名古屋工業大学大学院教授の麓(ふもと)和善先生が、名古屋城天守閣の他の城郭との比較、築城の状況、宝暦の大改修、昭和実測図、ガラス乾板などについて講演されました。

 「天守の建築にあたっては、徳川家康の命を受けて、中井大和守正清が全国から500人の大工を動員し、地元の大工と合わせて千人から2千人が携わった」と麓先生。本丸御殿の建設に携わっている大工は数十人?

PhotoPhoto_2




« 天守閣木造復元で「稼げる街にする」? | トップページ | 年末年始のホームレス援護対策について申し入れ »

経済・市民・文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/62844070

この記事へのトラックバック一覧です: 天守閣木造復元問題の勉強会:

« 天守閣木造復元で「稼げる街にする」? | トップページ | 年末年始のホームレス援護対策について申し入れ »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

他のアカウント

無料ブログはココログ