« 木造復元は将来の研究課題。耐震改修を選択した小田原城 | トップページ | 市営高坂荘で若年世帯向けに住宅リフォーム――住宅都市局が来年度予算要求 »

2015年11月17日 (火)

射撃訓練も行う陸上自衛隊の「高等」学校――中学生への案内チラシの配布はやめよ

Photo昭和区の中学生の保護者から、「『陸上自衛隊高等工科学校生徒説明会のご案内』というチラシを学校から受け取った」という情報が日本共産党市議団に届きました。この「生徒説明会の案内チラシ」は、自衛隊愛知地方協力本部名古屋出張所の広報官が昭和区のすべての中学校に持参し、中学校が3年生の男子生徒に配布しているようです。 

「陸上自衛隊高等工科学校」とはどのような学校か。もともとは自衛隊内の「生徒制度」として発足し、2010年度から「高等工科学校」に衣替えした「将来、陸曹となるべき者を養成する陸上自衛隊の学校」(同校HP)です。生徒は、定員外の防衛省職員となり、生徒手当が支給されます。 

高等工科学校では、18歳未満の生徒に実弾による射撃訓練も行わせています。これは、児童の武力・敵対行為への関与を禁じた「武力紛争における児童の関与に関する児童の権利に関する条約の選択議定書」の趣旨に反するという疑念を抱かざるをえません。同校のHPでは、「武器訓練・射撃」の授業時間は、2年生で年間54時間となっています。先日の防衛省への要請で防衛省の職員は、「実弾を使った射撃訓練は年間8時間」と言っていましたが、時間の多寡が問題ではありません。 

中学校が、実弾訓練までさせる自衛官養成学校の案内チラシを全男子生徒に何の注釈も付けずに配布していいのかが問われています。日本共産党市議団は本日、名古屋市教育委員会にたいして、陸上自衛隊高等工科学校に関する学校説明会の案内資料を中学校から保護者・児童へ配布しないよう申し入れました。

« 木造復元は将来の研究課題。耐震改修を選択した小田原城 | トップページ | 市営高坂荘で若年世帯向けに住宅リフォーム――住宅都市局が来年度予算要求 »

教育・子育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/62696405

この記事へのトラックバック一覧です: 射撃訓練も行う陸上自衛隊の「高等」学校――中学生への案内チラシの配布はやめよ:

« 木造復元は将来の研究課題。耐震改修を選択した小田原城 | トップページ | 市営高坂荘で若年世帯向けに住宅リフォーム――住宅都市局が来年度予算要求 »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

他のアカウント

無料ブログはココログ