« 来年度予算編成にあたって河村市長に要望 | トップページ | 市民の意見を聞かずに提案された天守閣木造復元予算 »

2015年9月11日 (金)

議員定数「10」削減を民主など主張

本日開かれた名古屋市会の議会改革推進協議会で、民主党は、現行の議員定数75を65に10削減する考えを主張。自民、公明、減税も定数削減を主張しました。

 

日本共産党は、「各層の多様な民意を市政に反映させるために必要な人数を確保」するという議会基本条例の観点から、現行の定数を維持することを主張しました。その理由は、名古屋市は議員1人あたりの人口が30185人であり、横浜市、大阪市に次いで多く、定数を削減すれば、議員1人あたりの人口がさらに多くなり、多様な民意を市政に届けにくくなるからです。

 

また、定数を6人以上削減すると、定数2の選挙区が中区も含めて3つになりますが、定数2では、大政党が議席を独占する可能性が大きく、少数政党が排除されやすくなります。定数の削減は、民意が反映されにくい定数2の選挙区を増やすことになるからです。

 

議員定数の削減は、「身を切る」ために必要だといいますが、名古屋市議会はすでに議員報酬を半減させ、身を切っています。定数削減が議員報酬引き上げの引き金になり、一方で民意が切られてはなりません。

« 来年度予算編成にあたって河村市長に要望 | トップページ | 市民の意見を聞かずに提案された天守閣木造復元予算 »

名古屋市議会・議会改革」カテゴリの記事

コメント

おっしゃる通りです。
数を減らせばよい、というものではありません。


>多様な民意を市政に届けにくくなるからです。

これこそが、市会議員の最も大切な仕事ではないでしょうか。
定数削減を主張している各党の方々が、多様な民意と真摯に向き合っているとは思えません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/62261489

この記事へのトラックバック一覧です: 議員定数「10」削減を民主など主張:

« 来年度予算編成にあたって河村市長に要望 | トップページ | 市民の意見を聞かずに提案された天守閣木造復元予算 »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

他のアカウント

無料ブログはココログ