« メーデー集会で共産党市議団勢揃い | トップページ | 「戦争立法」の閣議決定に抗議の街宣 »

2015年5月14日 (木)

議長候補として議会改革の所信を表明

 市議選後初の市議会が開会されました。本日は、正副議長の選挙が行われ、私は議長候補に立候補し、岡田ゆき子議員が副議長候補に立候補しました。本会議前に開かれた議員総会では所信表明を行いました。 

私が所信表明で述べたことは、

 議会改革の焦眉の課題として、政務活動費の使途の透明化と厳格化を図る。たとえば、政務活動報告書の提出・公開を義務づけて活動実績を市民に報告する、按分の根拠を明確にするとともに、実態に応じた按分が困難な場合には上限を設ける。

 

 議会報告会の開催など市民参加の促進と情報公開の徹底を図る。

 

 議員報酬については、4年前の市議選で示された報酬半減という市民の民意は、今回の市議選でも変わっておらず、現状を維持すべき。議員定数については、現行の定数が多様な民意を市政に反映させるための必要最小限の定数であると考える。

 

 選挙結果は、議長選挙――藤沢ただまさ(自民)63票、田口一登12票。副議長選挙――小川としゆき(民主)63票、岡田ゆき子12票でした。

« メーデー集会で共産党市議団勢揃い | トップページ | 「戦争立法」の閣議決定に抗議の街宣 »

名古屋市議会・議会改革」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/61587328

この記事へのトラックバック一覧です: 議長候補として議会改革の所信を表明:

« メーデー集会で共産党市議団勢揃い | トップページ | 「戦争立法」の閣議決定に抗議の街宣 »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

他のアカウント

無料ブログはココログ