« 市営住宅をリフォームし、子育て世帯の入居促進を | トップページ | 認定こども園への移行 幼稚園からは1.9% »

2015年3月 3日 (火)

障害児入所施設「あけぼの学園」が改築へ

来年度の名古屋市の予算案には、障害児の入所施設「あけぼの学園」の改築のための設計費が計上されています。2015・16年度に設計を行い、2019年度に完成する予定です。私は、2006年の11月定例会で、「あけぼの学園」とその隣にある障害者入所施設「希望荘」の改築は喫緊の課題だとして、どのようなスケジュールで改築に向けてとりくんでいくのか質問しました。あれからずいぶん時間が経過しましたが、ようやく改築に着手することになり、喜んでいます。

 

「あけぼの学園」は、障害児の入所施設であるにもかかわらず、18歳以上の障害者も現在、8人が入所しています。こうした年齢を超過している障害者は、児童福祉法の改正で、2018年3月31日までしか入所できなくなりました。私は昨日の教育子ども委員会で、「年齢を超過している方が、改築を進める中で行き場所を失わないように対応してほしい」と求めました。当局は「成人の施設やグループホームに移行できるように努力する」と答えました。

« 市営住宅をリフォームし、子育て世帯の入居促進を | トップページ | 認定こども園への移行 幼稚園からは1.9% »

教育・子育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/61223835

この記事へのトラックバック一覧です: 障害児入所施設「あけぼの学園」が改築へ:

« 市営住宅をリフォームし、子育て世帯の入居促進を | トップページ | 認定こども園への移行 幼稚園からは1.9% »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ