« 市営住宅をリフォームし、子育て世帯の入居促進を | トップページ | 認定こども園への移行 幼稚園からは1.9% »

2015年3月 3日 (火)

障害児入所施設「あけぼの学園」が改築へ

来年度の名古屋市の予算案には、障害児の入所施設「あけぼの学園」の改築のための設計費が計上されています。2015・16年度に設計を行い、2019年度に完成する予定です。私は、2006年の11月定例会で、「あけぼの学園」とその隣にある障害者入所施設「希望荘」の改築は喫緊の課題だとして、どのようなスケジュールで改築に向けてとりくんでいくのか質問しました。あれからずいぶん時間が経過しましたが、ようやく改築に着手することになり、喜んでいます。

 

「あけぼの学園」は、障害児の入所施設であるにもかかわらず、18歳以上の障害者も現在、8人が入所しています。こうした年齢を超過している障害者は、児童福祉法の改正で、2018年3月31日までしか入所できなくなりました。私は昨日の教育子ども委員会で、「年齢を超過している方が、改築を進める中で行き場所を失わないように対応してほしい」と求めました。当局は「成人の施設やグループホームに移行できるように努力する」と答えました。

« 市営住宅をリフォームし、子育て世帯の入居促進を | トップページ | 認定こども園への移行 幼稚園からは1.9% »

教育・子育て」カテゴリの記事

コメント

あけぼの学園 の元職員 です。

今、18歳 を超える方も 利用していますが、軽度の 利用の方は

生活保護受給者 へ斡旋していました。

まだ、18 歳では 障害も含めて 自立をさせるのは 現実は かなり厳しく

犯罪を してしまう子供も 居ました。最近は 健常者でも 二十歳を超えても

自立できていません。同僚 でも 公務員でも メンタルが 大人では無い 子供が

勤務していました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 障害児入所施設「あけぼの学園」が改築へ:

« 市営住宅をリフォームし、子育て世帯の入居促進を | トップページ | 認定こども園への移行 幼稚園からは1.9% »

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

他のアカウント

無料ブログはココログ