« いっせい地方選挙勝利へ決起 | トップページ | 相生山の道路に頼らない通過車両対策を「鋭意検討する」と名古屋市 »

2015年2月25日 (水)

名古屋市の国民健康保険料 平均年額3213円の引き下げに

 今日の名古屋市議会では、日本共産党のさはしあこ議員の質問に、市健康福祉局長は、来年度の国民健康保険料が「1人当たり平均3213円の引き下げになる」ことを明らかにしました。これは、国が公費によって国民健康保険料を軽減する「保険者支援制度」を拡充したことなどによるものです。日本共産党市議団は、国保料の引き下げを求めて、本会議で何度も質問し、市民団体も毎年、請願署名にとりくんできましたが、こうした論戦と運動が実ったものです。

 

 名古屋市の国保では、国の法定減額(7割、5割、2割)の対象となる人にたいして、さらに一人あたり2千円を減額する「特別軽減」があります。ところが、加入者の約8割が、申請していないために、せっかくの減額が適用されていません。さはし議員は、「特別軽減」の対象となる人にたいしては、申請ではなく、自動的に減額するよう求めました。

 

これにたいして健康福祉局長は、「加入者の申請によって世帯状況を確認し、減免している」と、あくまでも申請を求める答弁を繰り返しましたが、「特別軽減」の対象者は、法定減額を受けている人であり、申請しなくても世帯状況は確認できます。他の減免については、条例上は申請主義になっていますが、「特別軽減」については申請の規定はありません。対象者がわかっているのに申請しろというのは、保険料軽減のための予算を削りたいからとしか思えません。

« いっせい地方選挙勝利へ決起 | トップページ | 相生山の道路に頼らない通過車両対策を「鋭意検討する」と名古屋市 »

福祉・介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/61194577

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋市の国民健康保険料 平均年額3213円の引き下げに:

« いっせい地方選挙勝利へ決起 | トップページ | 相生山の道路に頼らない通過車両対策を「鋭意検討する」と名古屋市 »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

他のアカウント

無料ブログはココログ