« 「3つの負担軽減」と「3つの無料化」 | トップページ | 河村市長は人事委員会の勧告を尊重せよ »

2014年10月29日 (水)

南国市の命山

Photo 田んぼの中に建つ津波避難タワー。市議会防災・エネルギー対策特別委員会の視察で、高知県南国市を訪れました。南国市は、命山構想と銘打って、津波避難タワーを2年かけて14基整備しています。私たちが視察した大湊小南タワーは、浸水深5.52メートルに対応し361人が避難できるタワーです。タワーの前後には小学校と保育園があり、子どもたちの避難も想定しているそうです。

 津波避難タワーの建設費は、1基あたり約1億円とのこと。国の交付金や高知県の財政支援で、市の持ち出しは、市債の利子で済んだそうです。用地は、大半を市が買収。名古屋市で津波避難タワーを整備する上では、用地の確保が課題になると思いました。

« 「3つの負担軽減」と「3つの無料化」 | トップページ | 河村市長は人事委員会の勧告を尊重せよ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南国市の命山:

« 「3つの負担軽減」と「3つの無料化」 | トップページ | 河村市長は人事委員会の勧告を尊重せよ »

フォト
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

他のアカウント

無料ブログはココログ