« 公立保育所の認定こども園への移行は「様々な課題がある」 | トップページ | 集団的自衛権行使容認「閣議決定」撤回の意見書案は上程できない »

2014年9月24日 (水)

新制度でも、すべての子どもに自園調理による給食を

本日開かれた市議会教育子ども委員会では、子ども・子育て支援新制度関連条例案の質疑が始まりました。私は、いくつかの点について質問しました。

 

 その一つは、給食についての基準です。幼保連携型認定こども園では、3歳未満児は「外部搬入不可」の自園調理ですが、3歳以上児は外部搬入が容認されています。家庭的保育や小規模保育でも、自園調理が原則ですが、連携施設などからの搬入も認められています。名古屋市の条例案の基準は、この国の基準を踏襲しています。

それでは現状はどうなっているのか。私の質問に市子ども青少年局は、「名古屋市の認可保育所で、給食を外部搬入しているところはないと答えました。これまで保育所では、保育内容の一環として食育を位置づけ、自園調理に取り組まれています。こうした現状の水準を後退させないために、私は、「幼保連携型認定こども園も、家庭的保育や小規模保育などでも、すべての子どもに自園調理による給食を提供すべきだ」と求めました。

« 公立保育所の認定こども園への移行は「様々な課題がある」 | トップページ | 集団的自衛権行使容認「閣議決定」撤回の意見書案は上程できない »

教育・子育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/60367619

この記事へのトラックバック一覧です: 新制度でも、すべての子どもに自園調理による給食を:

« 公立保育所の認定こども園への移行は「様々な課題がある」 | トップページ | 集団的自衛権行使容認「閣議決定」撤回の意見書案は上程できない »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

他のアカウント

無料ブログはココログ