« 土原のマックスバリュ 大店立地法の対象外 | トップページ | 弥富相生山線の住民意向調査をめぐって »

2014年6月26日 (木)

集団的自衛権の行使容認問題 名古屋市議会でも論戦

本日の市議会本会議で、河村たかし市長は、解釈改憲による集団的自衛権の行使容認に「一定の理解をしている」と答えました。日本共産党の山口清明議員の質問に。そればかりか、「憲法9条2項後段には、交戦権の否認という世にも恐ろしい条文が入っていて、大変危険だ」と、おそろしい答弁。「憲法改正が正論」と述べ、根っからの改憲派としての姿勢を露わにしました。

 

河村市長は答弁の中で、「かつて共産党は憲法9条を間違いだと言っていた」と、事実を歪めて攻撃。これにたいして山口議員は、「日本共産党は綱領の中で『現行憲法の全条項を守る』とはっきり書いて、国民に公約している。92年間、反戦平和を貫いてきた歴史と伝統を持つ政党だ」と、きっぱり反撃しました。

 

 日本共産党市議団は、「解釈改憲による集団的自衛権の行使容認に反対する意見書案」を提出しています。この取り扱いをめぐって、昨日開かれた各派政審会長会では、自民党と民政クラブが反対し、本会議に上程できない模様です。名古屋市議会では、意見書の提出は全会一致が原則ですから。他会派は態度保留でした。

« 土原のマックスバリュ 大店立地法の対象外 | トップページ | 弥富相生山線の住民意向調査をめぐって »

憲法・平和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/59880221

この記事へのトラックバック一覧です: 集団的自衛権の行使容認問題 名古屋市議会でも論戦:

« 土原のマックスバリュ 大店立地法の対象外 | トップページ | 弥富相生山線の住民意向調査をめぐって »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

他のアカウント

無料ブログはココログ