« 保育所への企業参入問題で申し入れ、岩城副市長と懇談 | トップページ | 集団的自衛権の行使容認問題 名古屋市議会でも論戦 »

2014年6月25日 (水)

土原のマックスバリュ 大店立地法の対象外

土原4丁目でマックスバリュ店の建設が始まっています。6月21日に開かれた説明会では、参加した人の話によると、車の渋滞や児童・生徒の通学の安全などにたいして不安の声があがり、「もう基礎工事が終わっている。今ごろ説明会とは何だ」という批判や、「設計の変更はできないか」という質問などが出されたそうです。そして、「このままでは終われない。再度、説明会を開き、住民の意見にたいして回答せよ」となり、7月6日に再び説明会が開かれることになったそうです。

 

近隣住民が一番心配されているのは、このスーパーの出入り口が、西側の幅6メートルしかない道路に面していることです。道路を挟んだ向かいは住宅地。しかもこの道路は、天白小、天白中の通学路。一方、スーパーの開店時間は午前7時!説明会では地元の町内会長が、「天白小から児童の安全を確保してほしいとの連絡があった」と発言していたそうです。

 

大規模小売店舗立地法では、店舗面積が1000平方メートルを超えると市に届けなければなりません。地域住民は市に意見書を提出することができ、市は周辺の生活環境が守られるかチェックし、計画の修正が必要な場合には「市の意見」を通知します。ところが、このマックスバリュ店は、延べ床面積は1360平方メートルですが、店舗面積は950平方メートル。大店立地法の対象外です。規制をすり抜けて建設が開始されたので、地域住民は情報を得られず、不信の念を抱いています。

« 保育所への企業参入問題で申し入れ、岩城副市長と懇談 | トップページ | 集団的自衛権の行使容認問題 名古屋市議会でも論戦 »

住宅・まちづくり・交通」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/59875105

この記事へのトラックバック一覧です: 土原のマックスバリュ 大店立地法の対象外:

« 保育所への企業参入問題で申し入れ、岩城副市長と懇談 | トップページ | 集団的自衛権の行使容認問題 名古屋市議会でも論戦 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

他のアカウント

無料ブログはココログ