« 名古屋と南京 二つの観音像 | トップページ | リニア新幹線計画に河村市長も懸念――アセスの市長意見で »

2014年2月25日 (火)

保育士資格者の割合は2分の1――名古屋市の小規模保育事業

 本日の本会議で議案質疑に立ったのは、日本共産党の岡田ゆき子議員だけ。岡田議員は、補正予算に盛り込まれた公立保育園の廃止・民営化と待機児童対策について質しました。補正予算では、待機児童対策として2630人分の入所枠が拡大されます。これは積極的な対応だと思いますが、その内訳は、認可保育所の整備は新規5か所・定員345人にとどまり、賃貸方式保育所で1800人、小規模保育事業で375人などとなっています。 

小規模保育事業とは、定員6~19人のゼロ~2歳の子どもを対象とする新たな事業で、安倍政権が「待機児童解消加速プラン」の柱に位置づけたものです。名古屋市も補正予算で25か所を公募により設置します。従来から実施されてきた定員15人のグループ実施型家庭保育室を原則踏襲するとしていますが、グループ実施型家庭保育室では昼食持参でしたが、小規模保育事業では給食の提供が義務づけられたことは前進です。

 

問題は、保育士資格者の割合です。認可保育所では100%ですが、小規模保育事業では2分の1とされています。岡田議員の質問に市当局は、「保育従事者全体の配置は手厚い」と答弁しましたが、保育事故の多くがゼロ~2歳児に集中し、ゼロ~2歳児の保育は専門的知識がより必要と言われています。保育士資格者の割合を、認可保育所より下げることは、保育の質の低下を招きかねません。

 

« 名古屋と南京 二つの観音像 | トップページ | リニア新幹線計画に河村市長も懸念――アセスの市長意見で »

教育・子育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/59195679

この記事へのトラックバック一覧です: 保育士資格者の割合は2分の1――名古屋市の小規模保育事業:

« 名古屋と南京 二つの観音像 | トップページ | リニア新幹線計画に河村市長も懸念――アセスの市長意見で »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

他のアカウント

無料ブログはココログ