« 千種区民が「減税日本」の黒川慶一市議を詐欺で告発 | トップページ | 消費税の増税転嫁議案がゾロゾロ »

2013年11月19日 (火)

敬老パス負担金の倍増案――市民の力で押し返した

 敬老パスの一部負担金を2倍程度に引き上げる方新案が、今日の市議会財政福祉委員会で示される予定でしたが、見送られました。日本共産党は、徹底審議を通じて問題点を浮き彫りにするつもりでいましたが…。河村市長が「上げない方がいい」と言っているそうです。市民の世論と運動が、値上げの動きを押し返しているのです。 

しかし、市当局は負担金引き上げを断念していません。年金が減らされる一方で、介護・医療は負担増、消費税は増税……。そのうえ敬老パスまで負担増とは、高齢者になんと冷たい仕打ちでしょうか。 

 負担金引き上げの理由は、高齢者が今後急速に増加し、敬老パスの事業費の大幅な増加が見込まれるから、というものです。敬老パスが有料化されたときも同じ理由からでした。有料化以降の10年間、高齢者は大幅に増加しましたが、敬老パスの事業費は増えていません。敬老パスの交付率が年々低下し(昨年度は63%)、敬老パスの利用がほぼ横ばいで推移しているからです。

 負担金の引き上げは、交付率をさらに低下させ、敬老パスの利用を抑制するところにねらいがあると思います。しかし、敬老パスは、経済効果が316億円、高齢者の社会参加や健康づくりにも大きな効果があります。使ってこそ効果が発揮できるのに、使わせないようにしようという負担金引き上げは、敬老パスの効果を低めるものです。老いも若きも力を合わせて、引き上げ案を出させないようにしましょう。 

« 千種区民が「減税日本」の黒川慶一市議を詐欺で告発 | トップページ | 消費税の増税転嫁議案がゾロゾロ »

福祉・介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/58603448

この記事へのトラックバック一覧です: 敬老パス負担金の倍増案――市民の力で押し返した:

« 千種区民が「減税日本」の黒川慶一市議を詐欺で告発 | トップページ | 消費税の増税転嫁議案がゾロゾロ »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

他のアカウント

無料ブログはココログ