« 政府の全責任で放射能汚染水対策を――金山駅前で定例宣伝 | トップページ | 議会運営委員会で大阪、京都市会を視察調査 »

2013年9月 3日 (火)

市長給与・議員報酬800万円「恒久化」条例案が9月議会に

 9月10日に開会する名古屋市会・9月定例会に、河村市長は、市長給与の年間800万円と退職金廃止を恒久化する条例案、および議員報酬の年間800万円を恒久化する条例案を提出します

河村市長の在任中は市長給与800万円を継続し、退職金も不支給とすることについては、市長自身の政治家としての選挙公約であり、理解できます。しかし、これを恒久化することは、政治家としての政治信条を後継の市長にも押し付けることになり、問題ではないでしょうか

議員報酬800万円については、議会解散にともなう出直し市議選で当選した議員のうち7割を超える議員が公言したことであり、市議選で示された市民の民意です。したがって、現在は暫定的に800万円となっていますが、制度値を800万円に改定すべきだと考えます。しかし、河村市長が報酬800万円の理由付けにしている〝議員は「ボランティア型」で〟という俗論は受け入れるわけにはいきません。「ボランティア型」議員であるはずの「減税」議員の実態をみれば、まさに屁理屈だからです。

« 政府の全責任で放射能汚染水対策を――金山駅前で定例宣伝 | トップページ | 議会運営委員会で大阪、京都市会を視察調査 »

名古屋市議会・議会改革」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/58119997

この記事へのトラックバック一覧です: 市長給与・議員報酬800万円「恒久化」条例案が9月議会に:

« 政府の全責任で放射能汚染水対策を――金山駅前で定例宣伝 | トップページ | 議会運営委員会で大阪、京都市会を視察調査 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

他のアカウント

無料ブログはココログ