« 天住会が弥富相生山線などで市へ要望行動 | トップページ | 敬老パスは現行制度の維持を――市健康福祉局長に要請 »

2013年8月27日 (火)

誰もが利用できる敬老パスに!一部負担金の引き上げは容認できない

 日本共産党名古屋市議団は、「誰もが利用できる敬老パスに!一部負担金の引き上げは容認できない」との見解を発表しました。

 敬老パスの見直しの焦点は、所得に応じて年額千円、三千円、五千円負担する一部負担金の引き上げにほぼ絞られてきています。見解では、①医療・介護・年金などで負担増・給付減を強いられている高齢者に新たな負担を強いる、②新たな負担増は敬老パスの交付率低下を招き、高齢者の社会参加意欲を減退させる、③一部負担金を引き上げなくても、敬老パス制度は財政上も十分に持続可能である、という3つの理由から、一部負担金の引き上げは容認できないとしています。→全文はコチラ

« 天住会が弥富相生山線などで市へ要望行動 | トップページ | 敬老パスは現行制度の維持を――市健康福祉局長に要請 »

福祉・介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/58074432

この記事へのトラックバック一覧です: 誰もが利用できる敬老パスに!一部負担金の引き上げは容認できない:

« 天住会が弥富相生山線などで市へ要望行動 | トップページ | 敬老パスは現行制度の維持を――市健康福祉局長に要請 »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

他のアカウント

無料ブログはココログ