« 地域の党支部が続けている定例のスーパー前宣伝 | トップページ | 橋下氏の「慰安婦は必要」暴言に抗議の宣伝 »

2013年5月13日 (月)

市議会リコール名簿の目的外使用を規制する法整備を求める請願項目は保留に

 今日は、2012年度最後の総務環境委員会。請願の審査などを行いました。

 名古屋市議会リコール署名収集のための受任者名簿を選挙・政治活動に使用しないことを求める請願のうち、保留(継続審査)になっていた「目的外使用を規制するための法整備を求める意見書を国に提出すること」を求める項目は、引き続き保留になりました。

 リコール署名の受任者名簿を選挙活動などに使用するか使用しないかは、一般論としては署名収集にとりくんだ団体が判断すべき問題です。国に法整備を求めるとなると、現在の法のどこが不備でどのように正すのか慎重に検討しなければならない、ということを、私は言いました。

減税日本ナゴヤの委員から、「目的外使用の規制は、政治活動の自由を制限する」という意見が出されましたが、今回の市議会リコール署名については、請願に託された「選挙活動に使用するな」という受任者の方々の思想・良心の自由も擁護されなければなりません。この問題は、減税日本ナゴヤが「使用しない」と明言すれば解決する問題です。

« 地域の党支部が続けている定例のスーパー前宣伝 | トップページ | 橋下氏の「慰安婦は必要」暴言に抗議の宣伝 »

名古屋市議会・議会改革」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/57375451

この記事へのトラックバック一覧です: 市議会リコール名簿の目的外使用を規制する法整備を求める請願項目は保留に:

« 地域の党支部が続けている定例のスーパー前宣伝 | トップページ | 橋下氏の「慰安婦は必要」暴言に抗議の宣伝 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

他のアカウント

無料ブログはココログ