« 「人生や地域の主人公として生きるために」――植田後援会が学習会 | トップページ | 嘱託職員不正採用問題で100条委員会の設置を議長に申し入れ »

2013年4月 2日 (火)

かけがえのない候補者

 今夜、名古屋・革新市政の会の団体・地域代表者会議が開かれました。3月からは週1回開かれています。

 

 柴田たみおさんは、2月6日の市公会堂でデビューした以降、街頭演説70か所、屋内集会192回、約13000人に訴えてきたと報告がありました。この間、新聞社主催などの討論会で、河村市長や藤沢前市議と堂々と渡りあっています。討論会をハシゴした後、河村市長に「お疲れではないですか」と声をかける余裕もあったというエピソードも。

 

 事務所スタッフからは、「柴田さんは、討論会で臨機応変に受けこたえをしている。『この本を読んでおいたらいいよ』と渡した本も読んで討論会に臨むなど、よく勉強している」。緑区の会からは、「235人の参加で演説会を開いた。参加した人は、『柴田さんの話はよかった』と口々に言っていた」。会議では、「かけがえのない候補者」を押し上げようと、急速に活動を広げることを確認しました。

« 「人生や地域の主人公として生きるために」――植田後援会が学習会 | トップページ | 嘱託職員不正採用問題で100条委員会の設置を議長に申し入れ »

市民運動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/57091978

この記事へのトラックバック一覧です: かけがえのない候補者:

« 「人生や地域の主人公として生きるために」――植田後援会が学習会 | トップページ | 嘱託職員不正採用問題で100条委員会の設置を議長に申し入れ »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ