« 敬老パス「現行制度のままでよい」が多数――名古屋市のアンケート結果 | トップページ | スジ違いの再議について、河村市長に質問 »

2013年3月28日 (木)

「赤字が見込まれた場合は速やかに廃止」―愛知県競馬組合議会が決議

本日開かれた愛知県競馬組合議会では、「競馬事業のあり方についての決議」を全員一致で採択しました。 

 同決議は、「これ以上の累積赤字の拡大は、将来の県民・市民への負担増にもつながることとなるため、容認することはできない」として、払戻率の引き下げによって「黒字に転嫁するとされている平成26年度以降、シミュレーションに反し赤字となることが見込まれた場合には、速やかに事業を廃止すること。その際、競馬関係者の生活再建に十分配慮すること」などを求めています。

 名古屋けいばは、今年度も1億円ほどの赤字になる見通しだそうです。払戻率を引き下げたら黒字になるというシミュレーションも、ファン離れの影響は考慮されておらず、しかも、利益は年々減少するというもの。いずれは赤字に転落することが避けられません。廃止の方向に踏み出すときが近づいています。

« 敬老パス「現行制度のままでよい」が多数――名古屋市のアンケート結果 | トップページ | スジ違いの再議について、河村市長に質問 »

市民税減税・財政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/57049711

この記事へのトラックバック一覧です: 「赤字が見込まれた場合は速やかに廃止」―愛知県競馬組合議会が決議:

« 敬老パス「現行制度のままでよい」が多数――名古屋市のアンケート結果 | トップページ | スジ違いの再議について、河村市長に質問 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

他のアカウント

無料ブログはココログ