« PM2.5――名古屋市内はもともと環境基準を超えている | トップページ | 八事天白渓線は「現在の都市計画にこだわらない」(住宅都市局) »

2013年3月14日 (木)

記録されなかった嘱託職員不正採用の「口利き」

市職員が不当な要望を受けたときには記録に残す「適正職務サポート制度」について、12日と本日の市議会総務環境委員会の予算審査の中で、健康福祉局の嘱託職員の不正採用での「口利き」問題を踏まえて質疑しました。

私の質問に当局は、「ある人物を市の嘱託職員として採用するよう要求すること」が、不当な要望として記録の対象になることを認めました。それにもかかわらず、市職員が「口利き」を記録しなかった点をただすと、「制度以前の問題で、職員に落ち度がある」と職員個人の問題に解消する答弁。私は、適正職務サポート制度の目的が「公平、公正で、かつ適正な職務の執行を支援する」ところにあるのに、その目的を果たせなかったのはどうしてか、制度のあり方を検証する必要があると追及。総務局長は、「職員倫理審査会や専門調査委員からの提言、答申を踏まえて、よりよい制度にしていきたいというのが私の判断です」と答弁しました。

私は、この制度が創設される際に、すべての要望・働きかけを記録対象とするよう求めました。他都市の同様の制度では、すべてを記録の対象にしています。この点も含めて、実効性のある「口利き」防止制度へと改善することが必要です。

« PM2.5――名古屋市内はもともと環境基準を超えている | トップページ | 八事天白渓線は「現在の都市計画にこだわらない」(住宅都市局) »

市政全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/56953484

この記事へのトラックバック一覧です: 記録されなかった嘱託職員不正採用の「口利き」:

« PM2.5――名古屋市内はもともと環境基準を超えている | トップページ | 八事天白渓線は「現在の都市計画にこだわらない」(住宅都市局) »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

他のアカウント

無料ブログはココログ