« 柴田たみおさんとパレード、集い | トップページ | 敬老パス「現行制度のままでよい」が多数――名古屋市のアンケート結果 »

2013年3月26日 (火)

河村市長の再議は市民世論への敵対行為

本日、河村市長は3月臨時議会を招集しました。議案は、予算の修正議決に関する部分についての再議。議会運営委員会で市長は、「市民税の増額修正は、地方財政法第3条第2項に違反するどんぶり勘定。市民への責任として許すことができない」と言い放ちました。しかし、今回の予算修正の核心は、保育料の値上げを中止したところにあります。市長が修正議決を再議に付したことは、「保育料の値上げをやめてほしい」という市民世論に敵対する行為です。保育料値上げ撤回を素直に受け入れることこそ、市長が市民に果たすべき責任ではないでしょうか。 

 28日午後4時から開かれる本会議では、私が議案質疑に立ちます。

« 柴田たみおさんとパレード、集い | トップページ | 敬老パス「現行制度のままでよい」が多数――名古屋市のアンケート結果 »

名古屋市議会・議会改革」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/57036636

この記事へのトラックバック一覧です: 河村市長の再議は市民世論への敵対行為:

« 柴田たみおさんとパレード、集い | トップページ | 敬老パス「現行制度のままでよい」が多数――名古屋市のアンケート結果 »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

他のアカウント

無料ブログはココログ