« 奨学金返還支援制度の提案に「なかなかいい。真剣に勉強する」と河村市長 | トップページ | 団地バージョンの防災訓練 »

2013年3月 9日 (土)

柴田たみおさんと語り合う天白のつどい

Photo_2今日、天白革新市政の会が主催して「柴田たみおさんと語り合うつどい」が開かれました。柴田さんは、テレビの討論番組の収録が入ったため、途中で退席しましたが、時間が許すかぎり、フロアからの発言に耳を傾け、答えていました。

 

「文化活動をどのように支援するの」という質問に、柴田さんは、「私の所属している劇団(ひらき座)は、『青年の家』の講座から生まれた劇団です。『青年の家』には、社会教育の職員が配置されていました。市内4か所にあった『青年の家』は廃止されてしまいましたが、生活の中で文化の必要性を理解している職員を配置して、市民の活動を支援していくことが大切です」と話していました。

 

 この他、八事天白渓線の道路計画の廃止、保育料の値上げや公立保育園の廃園・民営化の撤回、後期高齢者医療保険料や介護保険料の負担増への怒り、住民自治のあり方、河村市長の南京大虐殺否定発言への批判など、さまざまな意見が出されました。私も、こうした意見に応えながら、河村市政の悪政を告発しました。

« 奨学金返還支援制度の提案に「なかなかいい。真剣に勉強する」と河村市長 | トップページ | 団地バージョンの防災訓練 »

市民運動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/56920145

この記事へのトラックバック一覧です: 柴田たみおさんと語り合う天白のつどい:

« 奨学金返還支援制度の提案に「なかなかいい。真剣に勉強する」と河村市長 | トップページ | 団地バージョンの防災訓練 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

他のアカウント

無料ブログはココログ