« プロ野球選手会の松原徹事務局長の講演を聴いて | トップページ | あけぼの学園の改築に向けて第一歩 »

2013年1月10日 (木)

2013年度名古屋市予算の財政局案

本日、2013年度名古屋市予算の財政局案が公表されました。市長選挙を控えた予算編成ということから、河村市長がやりたがっている将来的(エンターテイメント的)な事業は見送り。各局が、配分された財源とは別に要求している事業のうち、新規事業は軒並み未計上です。国の予算編成作業が遅れており、地方財政計画も不明なため、大幅な変更もありうると、財政局は言います。

 

未計上となっている事業のうち、小・中学校の普通教室の冷房化やいじめ対策の充実、重症心身障害児施設の整備、津波被害が懸念される南部6区での街路灯への海抜表示などについては、市長査定での復活を要求していきたいと思います。なお、私が昨年11月議会の本会議質問で求めた、市施設の「屋根貸し」による太陽光発電設備の設置については、環境局が予算計上しました。

 

「事業仕分け」実施事業については、休養温泉ホーム松ヶ島の将来的な廃止、生活衛生センターのファーブル号(移動相談車)の廃止、生涯学習センターへの指定管理者の導入準備、男女平等参画推進センターの女性会館への移設(統合に向けた地ならし)などが、予算要求どおり計上されているのは問題です。また、保育料の2年連続値上げ、国保料の算定方式の変更による値上げなど、市民への負担増も計上されており、撤回を求めていきたいと思います。

« プロ野球選手会の松原徹事務局長の講演を聴いて | トップページ | あけぼの学園の改築に向けて第一歩 »

市民税減税・財政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/56510919

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年度名古屋市予算の財政局案:

« プロ野球選手会の松原徹事務局長の講演を聴いて | トップページ | あけぼの学園の改築に向けて第一歩 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ