« 随意契約から公募への変更でコスト増加――名古屋市の有料駐輪場管理 | トップページ | 参院選へ全県キャラバン宣伝 »

2013年1月23日 (水)

川に入って遊べる植田川に――水質環境目標値の見直し

今日の市議会総務環境委員会では、水質環境目標値の見直しについて、市環境審議会の部会「中間とりまとめ」の報告がありました。

 植田川は、2007年度まではBOD(生物化学的酸素要求量)が7㎎/ℓを超えていましたが、2011年度には1.4㎎/ℓへと劇的に水質が改善しました。その要因としては、上下水道局の西山水処理センター(名東区)に高度処理が導入されたことなどがあげられています。きれいになった植田川は、目標を引き上げて、☆☆☆の「川に入っての遊びが楽しめる水質」を目標とすることが、「中間とりまとめ」で示されました。

 一方、天白川は、これまでも、これからも、☆☆の「水際での遊びが楽しめる水質」が目標です。BODの目標は5㎎/ℓ以下ですが、達成できていない年度もあります。その要因は、上流部の日進市で、下水道の未整備地域が50%程度あるからだそうです。天白川の水質改善のためには、日進市と水質の測定データを共有し、日進市で下水道の整備を進めてもらうなど、共同のとりくみが必要だと思いました。

« 随意契約から公募への変更でコスト増加――名古屋市の有料駐輪場管理 | トップページ | 参院選へ全県キャラバン宣伝 »

環境・水」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/56605963

この記事へのトラックバック一覧です: 川に入って遊べる植田川に――水質環境目標値の見直し:

« 随意契約から公募への変更でコスト増加――名古屋市の有料駐輪場管理 | トップページ | 参院選へ全県キャラバン宣伝 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ