« 八事天白渓・山手植田・高田町の3路線 「廃止も含めて検討中」 | トップページ | 2013年度名古屋市予算の財政局案 »

2013年1月 9日 (水)

プロ野球選手会の松原徹事務局長の講演を聴いて

 昨晩、来賓として招かれた名水労(名古屋水道労働組合)の旗びらき。あいさつだけして帰ろうと思ったら、その前に講演があった。講演者は日本プロ野球選手会の松原徹事務局長。なかなか聴けない話を聴くことができた。

日本プロ野球選手会は、労働組合と社団法人という二つの形態をとっている。労働組合の選手会の初代会長は中畑清さん(現横浜DeNA監督)。最初に取り上げたのは球場の安全対策だったという。外野フェンスがコンクリートで、ぶつかってけがをしたり、球場内に溝があり、古田敦也さん(当時ヤクルト)もそこにはまってけがをしたり…。そして、当時は200万円に満たなかった最低年俸の引き上げにとりくんだそうだ。

 2004年には、オリックスと近鉄の合併と1リーグ制への流れに抗してプロ野球史上初のストライキ。野球ファンといっしょにたたかった選手会の活動は、選手の権利を守るとともに、2リーグ制を維持し、日本のプロ野球の発展にも貢献したと思う。「選手一人の力は弱いが、792名が団結することで要求をかなえていく」と松原さん。会社べったりという労働組合が少なくない中で、労働組合らしい選手会の活動に、大きな感銘を受けました。

« 八事天白渓・山手植田・高田町の3路線 「廃止も含めて検討中」 | トップページ | 2013年度名古屋市予算の財政局案 »

市民運動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/56503279

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球選手会の松原徹事務局長の講演を聴いて:

« 八事天白渓・山手植田・高田町の3路線 「廃止も含めて検討中」 | トップページ | 2013年度名古屋市予算の財政局案 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

他のアカウント

無料ブログはココログ