« 2013年度名古屋市予算の財政局案 | トップページ | 無病息災を祈って、どんど焼き »

2013年1月11日 (金)

あけぼの学園の改築に向けて第一歩

 Photo 昨日公表された名古屋市予算の財政局案には、知的障害児施設「あけぼの学園」の改築にむけた準備の予算が計上されています。古くなった作業棟を取り壊し、プレハブをリースする費用と、改築整備に向けた調査の費用です。

6年ほど前ですが、あけぼの学園を訪れた私は、びっくりする光景を目の当たりにしました。作業棟の部屋の天井にタライがくっついているのです。そのタライからホースが窓の外にたれている。職員の方に聞いたら、天井が雨漏りするので、タライで雨水を受けて、ホースで屋外に流しているとのことでした。私は、その直後の本会議質問で、タライ天井の写真パネルを示して、老朽箇所を緊急に修繕すること、建物の改築計画を策定することを求めました(写真)。

このタライ天井は、すみやかに修繕されました。しかし、改築については見えてきませんでしたが、調査費の計上によって、ようやく改築に向けて第一歩を踏み出すことになると思います。

« 2013年度名古屋市予算の財政局案 | トップページ | 無病息災を祈って、どんど焼き »

教育・子育て」カテゴリの記事

コメント

田口先生、おつかれさまです。

あけぼの学園はずいぶんと予算を削られ、
作業棟以外にも改善する要所は多々、見受けられます。
私は、仕事の関係であけぼの荘、希望荘に出入りしたことがある関係から、
こういった実態を目の当たりにし、名古屋市政の歪みを実感しております。
その極みは、

・金の茶がまから金のシャチホコをつくる、・・・とか。
・大津通りの中央分離帯を撤去する、・・・とか。
・本丸御殿に本物の障壁画を展示する、・・・とか。
・名古屋をSLなど鉄道の聖地にする、・・・とか。

こんなアホな事やる前に、あけぼの学園の環境改善にこそ予算を計上すべきでしょう。
アホな市長がリコール署名受任者名簿を使用して再選されることが無いように、
田口先生、頑張ってください。

えの拝

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/56517612

この記事へのトラックバック一覧です: あけぼの学園の改築に向けて第一歩:

« 2013年度名古屋市予算の財政局案 | トップページ | 無病息災を祈って、どんど焼き »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

他のアカウント

無料ブログはココログ