« 選挙応援で市役所を不在にした河村たかし市長に抗議 議運理事会 | トップページ | みんな真剣に考えている »

2012年12月 7日 (金)

市議会リコール署名の受任者名簿を衆議院選挙に流用 「未来の党」

 名古屋市議会のリコール署名の受任者名簿が、「未来の党」の選挙活動に流用されていることが発覚しました。本日開かれた議会運営委員会での委員からの指摘を受けて、その後の議運理事会で、減税日本ナゴヤの幹事長に事実確認を求めたところ、リコール署名簿を管理しているとされる「ネットワーク河村市長」の名簿管理者の平野氏が、流用を認めたとのことです。 

減税ナゴヤの幹事長が平野氏から聞いた話では、衆議院選挙の公示前に、「ネットワーク河村市長」名の封筒で、愛知1区、2区、3区、5区の旧「減税日本」系の「未来の党」候補者のチラシを受任者名簿で郵送。公示後は、同じく「未来の党」候補の選挙ハガキの郵送に使われたそうです。その数は、おおよそ2万通とのことです。 

市議会には、受任者の有志の方々から、受任者名簿を選挙・政治活動に使用しないことを求める請願が提出され、8月22日の総務環境委員会で採択されています。これを受けて、「ネットワーク河村市長」にたいして選挙・政治活動に使用しないことを要請する議会決議をあげるかどうかについて、議運理事会で協議している最中に、選挙流用が明らかになったのです。 

今日の議運理事会では、「市議会としては、受任者名簿を選挙活動に使わないことを確認する」決議をあげようと協議しましたが、減税日本ナゴヤは反対しました。その理由は、次の自分たちの市会議員選挙で名簿を使いたいからのようです。しかし、リコール署名の受任者の方々は、「減税日本」という特定政党の選挙のために、住所、氏名という個人情報を提供したのではないハズです。ましてや、政党の離合集散の中で、「未来の党」なる政党にまで個人情報が流され、選挙に利用されるとは、思いもよらないことでしょう。「減税日本」=「未来の党」の行為は、受任者の方々の心を土足で踏みつけるものです。

« 選挙応援で市役所を不在にした河村たかし市長に抗議 議運理事会 | トップページ | みんな真剣に考えている »

国政・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/56273497

この記事へのトラックバック一覧です: 市議会リコール署名の受任者名簿を衆議院選挙に流用 「未来の党」:

« 選挙応援で市役所を不在にした河村たかし市長に抗議 議運理事会 | トップページ | みんな真剣に考えている »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

他のアカウント

無料ブログはココログ