« 名古屋市政に「不満」が「満足」の2倍以上――日本共産党市議団のアンケート | トップページ | 女性会館の図書室はどこに移すの? »

2012年12月 4日 (火)

あて逃げ元「減税」市議問題もうやむやに、党名かえた「未来」に未来はない

 Photo
 いよいよ総選挙。野並交差点で行われた愛知3区の出発式で、私も訴えました。
 

「アメリカいいなり」「財界中心」という「自民党型政治」のゆがみを断ち切る本物の改革にとりくむときがやってきた。この大仕事を担える政党は、日本共産党しかない。「未来の党」は、「憲法九条は変えた方がええ」と、市議会で公言した河村市長が率いる減税日本と、集団的自衛権の行使が持論の小沢一郎氏が率いる党が、名前を変えてできた政党。憲法九条を守る立場はない。あて逃げ事件を引き起こした緑区の元減税日本の市会議員の問題もうやむやにして、党名を変えて有権者をあざむこうとする政党に、未来はない!――自分の選挙以上に、演説に力が入りました。 


 Photo_3
 午後は、比例東海ブロックの出発式。栄小公園が人で埋まりました(写真)。大須仁王門通商店街振興組合が、「消費税を上げたら壊滅的だ」、比例代表で日本共産党を推薦することを決めたと、弁士から紹介がありました。商店街振興組合が共産党を推薦するのは、名古屋市内では初めて。JA蒲郡から、TPP参加に反対する愛知14区の共産党に、熱烈なメッセージが届いたとのこと。「もう共産党しかない」という思いが広がっています。

« 名古屋市政に「不満」が「満足」の2倍以上――日本共産党市議団のアンケート | トップページ | 女性会館の図書室はどこに移すの? »

国政・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/56252079

この記事へのトラックバック一覧です: あて逃げ元「減税」市議問題もうやむやに、党名かえた「未来」に未来はない:

« 名古屋市政に「不満」が「満足」の2倍以上――日本共産党市議団のアンケート | トップページ | 女性会館の図書室はどこに移すの? »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ