« 嘱託職員不正採用問題の真相解明で市会議長に申し入れ | トップページ | 名古屋けいば 昨年度の収支は実質赤字 »

2012年12月26日 (水)

口利きの「記憶がない」

本日、名古屋市議会の団長・幹事長会議が緊急に開かれ、嘱託職員の不正採用問題で「口利き」したのではないかとされている渡辺義郎議員(自民党市議団長)から、「記憶が定かでない」との発言がありました。「(不正採用された男性から)頼まれたことも、(市職員に)話をしたことも記憶にない」「たくさんの市民の方から陳情を受けるので、記憶がない」という渡辺市議。「記憶がない」の一言では、釈然としないものが残りました。

 その前に開かれた議会運営委員会理事会には、市健康福祉局長が出席し、お詫びと報告がありました。しかし、「口利き」疑惑などについて尋ねても、捜査に関わるからとノーコメント。不正に至った動機や背景の解明は、司直の手に委ねられています。

 今日の理事会では、100条調査特別委員会の設置は見送りになりました。今後は、捜査の推移をみながら、新たな事実が明らかになった場合などに、議会としての対応を協議していくことになるでしょう。

« 嘱託職員不正採用問題の真相解明で市会議長に申し入れ | トップページ | 名古屋けいば 昨年度の収支は実質赤字 »

名古屋市議会・議会改革」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/56399029

この記事へのトラックバック一覧です: 口利きの「記憶がない」:

« 嘱託職員不正採用問題の真相解明で市会議長に申し入れ | トップページ | 名古屋けいば 昨年度の収支は実質赤字 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

他のアカウント

無料ブログはココログ