« 河合市議に対する辞職勧告決議案 議運理事会で調整へ | トップページ | 25周年の相生コミセンまつり »

2012年11月 2日 (金)

減税日本ナゴヤをめぐる問題に質問が集中――議会報告会

Photo名古屋市会主催の議会報告会が今晩、西区役所で開かれ、90人の参加がありました。議会側から報告した内容は、①なごや子ども市会、②9月定例会(決算審査など)、③河合優議員にたいする辞職勧告を決議した議員総会、についてでしたが、会場からの質問・意見は、減税日本ナゴヤをめぐる問題に集中しました。

 「河合市議が女性コミック誌を購入した政務調査費を、減税日本ナゴヤは、なぜ市に返還していないのか」、「リコール受任者名簿に関する請願の請願者96名の氏名について、減税ナゴヤはどうして議会事務局に公開を求めたのか」、「減税ナゴヤは昨年度、政務調査費を60%も市に返還している。議員をリコールして出てきたのが減税議員だから、政務調査費をもっと活用して仕事をすべきではなかったのか。リコールは、今でも正しかったと思っているのか」、「河村市長が経済理論の拠りどころとしているリチャード・クー氏は、減税をすすめていない。河村『減税』をすすめる正しい経済理論はないので、市民税減税はやめてほしい」などなど。

河合市議問題など不祥事続きですから、こうした質問が続出するのもいたしかたありません。でも、報告した内容への質問や市政への要望などももっと聞きたかった。減税日本ナゴヤをめぐる問題については、減税日本ナゴヤが独自に市政報告会、あるいは河合市議問題やリコール署名簿についての説明会を開いて、市民の意見を聞いてほしいものです。

« 河合市議に対する辞職勧告決議案 議運理事会で調整へ | トップページ | 25周年の相生コミセンまつり »

名古屋市議会・議会改革」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/56027992

この記事へのトラックバック一覧です: 減税日本ナゴヤをめぐる問題に質問が集中――議会報告会:

« 河合市議に対する辞職勧告決議案 議運理事会で調整へ | トップページ | 25周年の相生コミセンまつり »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

他のアカウント

無料ブログはココログ