« 名古屋市も「屋根貸し」による太陽光発電に取り組みます | トップページ | 保育料値上げと公立保育園民営化――岡田議員が質す »

2012年11月28日 (水)

山手植田線と八事天白渓線――「道路計画の廃止を」

Photo 私は、今日の本会議で、都市計画道路「山手植田線」・「八事天白渓線」についても質問。この2つの道路計画の廃止を求めました。その理由は、①交通量が減少し、整備する必要性がない、②八事日赤病院北交差点の5差路化は、警察も難しいという無理な計画、③住民が望んでいない道路整備だからです。

 住宅都市局長は「整備が困難と判断された場合には、都市計画の廃止やそれに伴う代替措置などを整理したい」と答弁。私は、「いまの段階で、『整備は困難』という認識に立つべきだ」と質し、河村市長に「無理な道路は造らなくていいとの考えに立って、早期に計画廃止の結論を」と強く求めました。市長は「できるだけ早期に結論を出す」と答えました。

Photo_2 八事天白渓線予定地の道路は、朝の通勤時間帯に通り抜けの車が少なくありません。私は、今月中旬、住民のみなさんと交通量を調べてみました。7時から9時の時間帯の通過車両は643台でした。住宅都市局が1年前に実施した調査では714台だったので、1割減少しています。住民が求めているのは、一方通行規制や7時―9時の進入禁止、そして今ある道路の改良です。八事天白渓線の計画が廃止されれば、こういう代替措置を、住民の合意を得ながら進めることができるのです。

 質問と答弁はこちら

« 名古屋市も「屋根貸し」による太陽光発電に取り組みます | トップページ | 保育料値上げと公立保育園民営化――岡田議員が質す »

住宅・まちづくり・交通」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/56209820

この記事へのトラックバック一覧です: 山手植田線と八事天白渓線――「道路計画の廃止を」:

« 名古屋市も「屋根貸し」による太陽光発電に取り組みます | トップページ | 保育料値上げと公立保育園民営化――岡田議員が質す »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

他のアカウント

無料ブログはココログ