« 島田第二保育園が6年後に民営化!? | トップページ | UR賃貸住宅の分割・売却・民営化に反対して統一行動 »

2012年11月 6日 (火)

恒久的な軽減措置。でも、3割の世帯で国保料引き上げに

国民健康保険料の算定方式が、来年度から、住民税を基礎にした「住民税方式」から、所得を基礎にした「旧ただし書き方式」に変更されることにともなって、保険料の負担が増える世帯にたいする名古屋市の対応案が、先ごろ国保運営協議会で示されました。それは、「世帯構成などに応じた市独自の所得控除を、当分の間、保険料の枠内で実施する」というものです。

「当分の間」というのは、国による抜本的な制度改変があるまでと、市は説明しています。したがって、数年間の激変緩和措置ではなく、事実上の恒久的な軽減措置です。私も6月議会の本会議質問で、恒久的な軽減措置を求めましたが、今回の対応策は、この点では一定の評価ができます。しかし、「独自の所得控除」による軽減策を講じても、国保加入世帯の3割にあたる10万7千世帯が負担増となり、平均の引き上げ額は年間3万3千円と、それでも大きい。一方で、3割弱の世帯では保険料が引き下げられます。

名古屋市の国保料は、そもそも5大都市の中で一番高いのですから、引き下は当然です。問題は引き上げになる世帯。「保険料の枠内」でやりくりしても、負担増は避けられません。一般会計から財源を繰り入れる必要があります。11月議会には、国保条例の改正案が提出されるでしょうから、一般財源の繰り入れで、負担増をなくすことを求めていきます。

« 島田第二保育園が6年後に民営化!? | トップページ | UR賃貸住宅の分割・売却・民営化に反対して統一行動 »

福祉・介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582573/56055205

この記事へのトラックバック一覧です: 恒久的な軽減措置。でも、3割の世帯で国保料引き上げに:

« 島田第二保育園が6年後に民営化!? | トップページ | UR賃貸住宅の分割・売却・民営化に反対して統一行動 »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

他のアカウント

無料ブログはココログ